フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005年5月29日 (日)

二週間の不在

これから赴任先へ出発です。来週は戻らないので2週間のご無沙汰となります。一通りバラの開花も拝む事ができたので今年は満足です。少しずつHomepageを訪れてくれる人がいて大変嬉しく思います。(現在28名)全くの自己満足のHPですが、やはりこんな小さな庭でもバラ作りを楽しめることを伝えたい気持ちもあります。カウンターが増えるのも楽しみの一つになりました。さて2週間しっかり仕事に励み、GOLFも頑張ってきましょう。

2005年5月28日 (土)

刮目(カツモク)

粛 蒙の背を拊ちて曰く「我 謂えらく大弟はただ武力あるのみと。今に至りて学識栄博にして、復た呉下の阿蒙にあらず」と。蒙曰く、「士 別れて三日なれば、すなわち更に刮目して相い待つべし」

三国志の中の好きな言葉の一つである。「士と称するものは、別れて三日もすれば思っている以上に成長しているものだ。よくよく目を凝らして見なければいけない。」という意味である。年をとるとどうしても若い者は駄目だとか、昔はこうじゃあなかったと批判じみてしまうけれど、そういう自分が時代に取り残されて、若い者はどんどん成長しているかもしれない。それを素直に受け入れ、気がつかないと恥をかくのは己かもしれない。と最近はこの言葉を受け取る。逆に若いころは、上に対して「今に見ておれ」とこの言葉を飲み込んでいたものである。変われば変わるものである。

そういえば、「論語」にも
子曰く、後生畏るべし。焉んぞ来者の今に如かざるを知らんや。四十、五十にして聞こゆること無くんば、斯れ亦た畏るるに足らざるのみ。
という言葉がある。若い者はどれほど伸びるかわからない可能性をもっているので決して侮ってはいけないというわけである。この年になり大いに考えさせられる。

女子プロトーナメント

明日は、女子プロゴルフトーナメント「廣済堂レディース」を見に行くつもりだった。ところが、宮里藍は欠場、横峯さくらは予選落ちである。ミーハーの私としては、せっかくの近場での開催なので楽しみにしていたが、甚だ残念である。不動や服部や米山ならTVでいいかな。
さて、来週土曜日は、会社のゴルフコンペである。前回はみごとバーディーフィニッシュで3打差をつけ(グロス92)優勝。そのため今回は幹事である。賞品もすでに用意済み。赴任以来3年、年間40ラウンド近くこなす「I氏」は未だ優勝がない。なんとか勝たせたいと考え、I氏得意のコースをチョイス。心遣いを察し、パンツ効果で是非とも優勝してもらいたいものだ。

2005年5月27日 (金)

ツルバラ満開宣言

Img140

1週間ぶりの帰宅です。すっかりツルバラも満開を迎えていました。今年は、色々な花木の育ちがとてもいいような気がします。昨年は咲かなかった「金宝樹」が咲き、「柏葉アジサイ」も順調です。11月に植えた千鳥草も咲いています。ブッシュのバラは、一番花が終わりを迎えようとしていますが、まだまだ、我が庭は賑やかです。明日の朝が楽しみになってきました。

2005年5月21日 (土)

エクスカリバー

1981年、大学時代に「エクスカリバー」という映画を観た。「地球上のすべてが混迷している時代。野望に燃えた豪勇たちの争いが続いていた。そんな中、魔法使いマーリンから王者の剣エクスカリバーを授かったウーサーは次々と豪族を平定し王として君臨する。しかし本当の悲劇はここから始まる。やがて誕生するウーサーの息子アーサーが背負う苦難と絶望とは。語り継がれるアーサー王の伝説を壮大なスケールで描いた、アース・ファンタジー。」である。
20年以上たった今でもはっきりと覚えている。それ程有名な大作でもないのだが。アーサーの死を見届けた後、円卓の騎士「パーシバル」が湖にエクスカリバーを投げ込むと女神の美しい手がその剣を掴み垂直に剣を湖に引き込んでゆくラストシーン。流れる音楽はワグナーの楽劇《ニーベルングの指環》 第3夜「神々のたそがれ」から【ジークフリートの葬送曲】。THIS IS WAGNER!!思わず叫びたくなるかっこよさ。今でも時々この曲を聴きながらそのシーンを思い浮かべる。この時以来、アーサー王伝説マニアは始まる。ハンドルネーム「ランスロット」は円卓の騎士(湖の騎士)の名を頂いた。

Img182

弘季 運動会

Img136 今日は、次男「弘ちゃん」の小学校の運動会。徒競走は苦手。体が重そうだ(白組)。お父さんは、かけっこは得意だったのに誰に似たのやら?達彦(長男)の走り方に似てきた。不思議なものです。二人そろって運動オンチとは困ったものです。
明日は映画を観に行く予定です。「キングダムオブヘブン」です。最近はよく映画を観に出かけます。シネプレックス幕張が近いので本当に便利です。このところ観た映画は、「アレキサンダー」「キングアーサー」「トロイ」などヨーロッパ歴史ものばかりです。ビデオで見たのは、「パッション」。典型的なおやじ趣味ですな。明日も楽しみです。かみさんの目的は、オーランドブルームですが・・・・。

2005年5月 7日 (土)

キネティック・パンツ

Img104 GOLFの醍醐味の一つに、ドライバーショットがある。
最近、「男は飛距離だ!」の宣伝文句のボールが新発売になっているが、やはりどこまでも飛んでいく自分のボールに憧れを持つのは、ゴルファーとしてのあくなき煩悩ともいえるだろう。
その「飛距離」を求めて、先輩「I氏」・・{右の写真}が、通信販売で  「キネティック・パンツ」なるものを購入した。彼は、練習はしないが、練習器具はよく購入するので有名だが、何を血迷ったかパンツにまで手を出すとは驚いた。そして値段を聞いて2度びっくり。17,800円。!!!高い。後輩で、支店No1の腕前を持つ「M原」君は、パンツでボールが飛ぶかぁ!と叫ぶ。しかし、しかしである。そのパンツをはいた「I氏」のボールは、今までに見たこともないような力強い弾道でぐんぐん飛んだのである。その時の「I氏」の嬉しそうな顔は一生忘れない。ありがとう「キネティック・パンツ」。でも、誰も追随して買いはしない・・・・だってやはりどう見ても高すぎると思う。●●●●円がいいところか。あとは宣伝費と粗利。でもいいじゃないか。彼に値段以上の大きな価値を与えたのだから・・・・。ただ洗濯をして少し効果は落ちているようだ??「飛距離=ゴルファーのロマン」だな。私もつい上記「男は飛距離だ!」のボール(スーパーニューイングiv330)を買ってしまった。ああ 煩悩!!でもこのボール飛びます。

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »