フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005年6月18日 (土)

転勤

今週の異動発表により「名古屋」へ転勤となりました。水戸→名古屋で徳川御三家つながりです。今、日本で一番活気があると言われているところなので一暴れしたいものです。ガーデニングは、月1になりますが、しかたありませんね。引越しめんどくさ~。今来週は引継ぎなどで大忙しになりそうです。今まで、高知→東京→静岡→東京→金沢→水戸そして名古屋と6回目の転勤ですが、どこも思い出深いです。日本全国で大変ですが、色々な人生の先輩の方々、良き同僚達、後輩達と知り合えあることは、ある意味幸せなのかもしれませんな。水戸は4年間でしたが、仕事も充実し、ゴルフもうまくなりましたし、最高でした。

2005年6月11日 (土)

夏姫春秋

Photo 2 春秋戦国時代、時代に翻弄され「妖婦」とみなされた絶世の美女がいた。鄭という国の公女「夏姫」である。この時代は、晋・楚が大国であり、その間の小国の政治は、術策を極めなければ生きられない。孔子が愛し尊敬して止まない子産もこの時代の鄭の宰相であり、同時代を生きた。傾国の美女うと謳われた越の贈り物「西施」もまた、自身の欲望や意志ではなく、その時代の権力者に弄ばれただけだが、夏姫もまた同様ではなかったろうか。中国には悪女は何人も歴史に登場するが、彼女もまたその部類ではないような気がした。宮城谷氏の「夏姫」救いの小説によって。三夫二君は、夏姫を手に入れると死んでしまう。しかし、その夏姫こそが薄幸なのではないだろうか。本書は、「風」を夏姫のイメージとして書き進んでいる。そもそもこの時代の小国が風に身を任せるしかなかったというイメージとダブル。おもしろかった。

2005年6月 9日 (木)

入梅(つゆいり)

いよいよ入梅の季節。明日、東京で会議ということで、1日早く自宅へ帰ってきた。庭は、散ったバラの花びらでいっぱいである。土曜日は、庭の掃除&手入れとなりそうだ。かみさんは、大の掃除&片付け嫌い&べたである。(料理は上手だが)庭の管理は頼んでも到底無駄なのだ。なにしろサボテンも枯らす程の女である。つくづく私が綺麗好きでよかったと思う。さて、先週のゴルフコンペだが、残念ながらI氏の優勝はほど遠かった。それどころか、PWをなくし大騒ぎ、後輩のを借りてしばらくプレイ(本来なら失格ものだが)、誕生日に女性社員にプレゼントされたボールは前半だけでOBにてなくす。パンツ効果は洗濯のしすぎで薄れ飛距離も出ない始末。期待はずれであった。プレゼントのボールは、プライスレスなので大事に使って欲しかった。かくいう私もグリップがしっくりこず95の平凡なスコアで終わった。まあ幹事が優勝しなくてよかった(負け惜しみ)のである。今週の日曜日は、名門「大洗ゴルフクラブ」でプレイ(なんとメンバーなのだ)である。なんとかいいスコアで回りたいものである。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »