フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 陽虎 | トップページ | 海嘯 »

2007年1月15日 (月)

国歌

タイトルは、「国歌」だが別に国粋的なことを書くつもりはない。まずフランス国歌「ラ・マユセイエーズ」について。その歌詞の日本語訳を見ると驚かされる。

祖国の子どもたちよ、栄光の日がやってきた!

我らに向かって、暴君の血塗られた軍旗がかかげられた

血塗られた軍旗がかかげられた

どう猛な兵士たちが、野原でうごめいているのが聞こえるか?

子どもや妻たちの首をかっ切るために、

やつらは我々の元へやってきているのだ!

武器をとれ、市民たちよ 自らの軍を組織せよ

前進しよう、前進しよう!

我らの田畑に、汚れた血を飲み込ませてやるために!

日本の「君が代」は天皇賛歌だと批判されるが、フランス国歌に比べれば、可愛らしいもんだと思う。

さて本題に入ろう。非常に美しいメロディーの国歌がある。サッカーワールドカップで何度も聴いた。そう ドイツ国歌である。ドイツ国歌は、ハイドン作曲 弦楽四重奏曲OP76-3 第77番ハ長調「皇帝」なのだ。もとはこれは、オーストリア国歌だった。なにせハイドンはオーストリア人なんだから。快活かつさわやか そして甘美。そんな曲である。それでは、原曲 emperor_poco_adagio_cantabile  (クリック)をお聴きください。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ←もクリックして下さい。

« 陽虎 | トップページ | 海嘯 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/4944339

この記事へのトラックバック一覧です: 国歌:

» ゴルフ会員数@ゴルフ会員権の選び方 [ゴルフ会員権をGET?!OLのゴルフ生活]
こんにちわ。ゴルフ会員権をGET?!OLのゴルフ生活のゴルフ大好きチアキです。 ゴルフ会員数@ゴルフ会員権の選び方ゴルフ会員数が少ないことは重要で、多くなってしまうと、予約がとりずらくなり、月例などの参加のチャンスが少なくなります。ゴ...... [続きを読む]

» 元ゴルフ研修生のクラフトマンが教える驚異のゴルフ上達法 [元ゴルフ研修生のクラフトマンが教える驚異のゴルフ上達法]
「元ゴルフ研修生のクラフトマンが教える驚異のゴルフ上達法」 椎間板ヘルニアでフルスイングが出来なくなってしまった中年アマチュアゴルファーの ドライバー飛距離をたった28分のレッスンで平均43ヤードアップさせてしまった業界では まだ誰も口にしていない「ある」上達法とは!?  もしあなたが「効率良くゴルフが上手くなりたい!」と思われるならば是非ご覧ください。... [続きを読む]

« 陽虎 | トップページ | 海嘯 »