フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 海嘯 | トップページ | オールドオーチャードゴルフクラブ »

2007年1月21日 (日)

春を待つ~モーツァルトを語る 第8弾

Mozart14 第八弾は、春を待つこの時期にふさわしい「ヴァイオリンソナタ 第28番 変ホ短調 K304」だ。何故この曲を選んだか。それは数あるヴァイオリンソナタの中で唯一短調で書かれた曲だからである。K301からK306のヴァイオリンソナタは通称「マンハイムソナタ」と呼ばれている。しかしこの曲はパリで完成している。第1楽章の冒頭のピアノとヴァイオリンのユニゾンはとにかく悲しい。まるでシチリアーノのようなメロディーだ。深い寂寥感。しかしこれを突き破るような長調のテーマ。そしてまた悲しみのメロディーに。音楽性の詳しくは{池晋}が書いている(モーツァルトの音符たち)ので省略だ。私が好きなのは、何といっても第2楽章の冒頭である。ピアノで始まり、ヴァイオリンで繰り返すこの第1テーマは、「はかなく切ない」とはこの音であるとしか言いようがない。やっぱりモーツァルトはすごい。それでは、k.304.2.(クリック)をお聴きください。 コメントもお寄せください。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ←クリックして下さい。

« 海嘯 | トップページ | オールドオーチャードゴルフクラブ »

Mozart」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/5021358

この記事へのトラックバック一覧です: 春を待つ~モーツァルトを語る 第8弾:

» モーツァルト作曲、ヴァイオリン・ソナタ第28番 [yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真]
 今日の1曲はモーツァルト作曲、ヴァイオリン・ソナタ第28番。  たった2楽章のセンチな曲なのですが、たまらないのはこれの2楽章なのです。  あの真ん中ほどの同じ音が5つ続くところ、あの優しい転調は絶望したときに優しい声をかけられたときのように感極まってしまうのですよ。  いつもこの部分にくるとグッときてしまいます。 孤独の中、わかってくれる人が出た安堵感と感謝の優しさのようであります。  モツァルトの神髄は、私はここにあると信じて疑わないのであります。  美しいのであります。  これも... [続きを読む]

« 海嘯 | トップページ | オールドオーチャードゴルフクラブ »