フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 楊家将 | トップページ | 春はそこまで »

2007年2月24日 (土)

オーボエの名曲~モーツァルトを語る 第11弾

Df3c07aab5d714f7ce1am 第11弾は、オーボエ。といっても「のだめの黒木君」のオーボエ協奏曲ハ長調K314ではありません。期待された方、ごめんなさい。「オボーエ四重奏曲ヘ長調K370」である。名オーボエ奏者にして友人のフリードリッヒ・ラムのためにミュンヘンで作曲されました。第2楽章には、めずらしく「カデンツァ」の機会が与えられています。ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロはオーボエの引き立て役に留まることなく、時には主役のオーボエと積極的に対話をしていくところも魅力の一つです。しかし何といってもオーボエの美しい音に皆魅了されずにはいられないでしょう。オーボエ奏者にとっての至宝の一曲です。今日は、病気のため頭がさっぱり廻らず、うまい言葉がでてきません。それでは、mozart_k.370 (クリック)お聴きください。演奏はAmerican Baroqueです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ←もクリックして下さい。

« 楊家将 | トップページ | 春はそこまで »

Mozart」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/5472417

この記事へのトラックバック一覧です: オーボエの名曲~モーツァルトを語る 第11弾:

« 楊家将 | トップページ | 春はそこまで »