フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 留魂録 その1 | トップページ | 札幌 猛吹雪 そして「ふたくちーず」 »

2007年2月12日 (月)

アリアのごとく~モーツァルトを語る 第10弾

Colmar11 記念すべき(自分だけだが)第10弾は、「ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 K.216」である。モーツァルトは、ヴァイオリン協奏曲をわずか5曲しか(7曲ということもあるが)書いていない。それも、19歳(1975年)にしか作曲されていないのだ。(不思議です:名曲K364はありますが)とにかく3番の明朗にして優雅な美しい旋律には溜飲が下がります。第一楽章は、ソナタ形式。まず重音で始まるリズミカルな第一主題(おしゃべりをやめない貴族らを音楽に惹きつけるがごとく)、ホルンが引き継ぎオーボエが応える流れるような素朴な第二主題、そして壮大な展開部へ。そして第二楽章には、まいります。あの映画「アマデウス」でのサリエリのように楽譜を落としてしまいそうです。弱音器をつけた弦の合奏と柔らかいフルートの音色の中で、独奏のヴァイオリンがデリケートな情感をもって柔らかく進んでいきます。優しい心を歌うアリアのように。第3楽章はアレグロのロンド形式で書かれていますが、主題の間に挿入された民謡調の軽快なアレグレットのメロディーがまたかわいらしいこと。しかし終わり方がちょっと淡白だけど。いずれにしてもどの章でも、時折覗かせる短調がまた抜群の味付けとなっている。それでは、その中でやっぱり第二楽章をお聴きください。演奏は、アーノンクル+クレーメルです。グリュミオーを期待した方々すいません。

k.216 - 2.Adagio (クリック)。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ←こちらもクリックお願いします。

« 留魂録 その1 | トップページ | 札幌 猛吹雪 そして「ふたくちーず」 »

Mozart」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

ト長調は3,4,5番の3曲中では最も弾きやすい曲ですが、その分キャラクターも作りにくいです。(逆は5番。)
演奏者によって随分印象が変わりますよね。

ん十年前、中古のオイストラフ校訂譜を「拾い」、その指使いで弾いてみたら・・・力量は当然及ばないのですけれど、
「あ、オイストラフの音がする!」
てんでビックリしました。

クレメルのは映像化されているんでしょうか?
他にはいまはムターのものが絵として見られると思いますが、未見です。
指を見比べてみたい欲求に駆られております!

DVDあります。UPしたウィンフィル¥アーノンクール/ギドン・クレーメルの組み合わせのモーツァルト:バイオリン協奏曲全集(K364付)というのが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/5313332

この記事へのトラックバック一覧です: アリアのごとく~モーツァルトを語る 第10弾:

« 留魂録 その1 | トップページ | 札幌 猛吹雪 そして「ふたくちーず」 »