フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 里仁篇 | トップページ | 文天祥 »

2007年2月 3日 (土)

ローディー~モーツァルトを語る 第9弾

Lodi_piazza_della_vittoria 第九弾は、モーツァルト14歳の作品「弦楽四重奏曲第1番 ト長調 K.80 {ローディー}」。モーツァルトは、13歳の時に始めてのイタリア旅行に出かけている。1969年12月13日から1971年3月28日までの1年4ヶ月もの旅行だ。その旅行でミラノからボロ-ニャに向かう途中「ローディー」という町で書かれたとされるのがこの作品だ。ローディーは、イタリアのロンバルディア州の県都で現在は人口4万強の小さな町である。最初は、第3楽章まで出来ていて18歳の時最終楽章のロンドを書き加えている。第1楽章のアダージョの透き通るメロディーは美しい。そしてこの曲は、モーツァルト独特の所謂、モーツァルト音型なるものが様々に登場する。「あっこの音!」ってな感じで。それでいて何故か聴いていてホッとする曲だ。14歳でね~。天才モーツァルトの将来を予見する1曲ではないだろうか。この曲の構成は極めて単純なためハーモニーは重要な要素です。それでは、透明で明るい音色の今はなきイタリア弦楽四重奏団でお聴きください。K.80.mp3 (クリック)。よかったらコメントもお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ←もクリックして下さい。

« 里仁篇 | トップページ | 文天祥 »

Mozart」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

いつもながら渋い選曲で!

この作品、当時のヴォルフガングが書いている手紙(お父さんの手紙の端っこにメモしたようなものですよね)そのものの素直な童心があって、大好きです!

いま、自分がこの曲のことをどう綴っていたかを見直しましたら、あまりに対したことが無さ過ぎて・・・ゴメンナサイ、でありました。
要再検討、ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/5191361

この記事へのトラックバック一覧です: ローディー~モーツァルトを語る 第9弾:

« 里仁篇 | トップページ | 文天祥 »