フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 春はそこまで | トップページ | 留魂録 その4 »

2007年2月25日 (日)

3分間~モーツァルトを語る 第12弾

Photo_2 誰もがこの3分間で優しい気持ちになれると思っている曲を紹介しよう。第12弾は、「ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲変ロ長調 K424」です。友人のミヒャエル・ハイドンはコロレド司教から6曲のヴァイオリンとヴィオラの二重奏曲を命じられるが、4曲を完成させたところで、病気になってしまう。当時ウィーンに住んでいたモーツァルトは、妻のコンスタンツェとともにたまたまザルツブルクに帰省した際、ミヒャエル・ハイドンが病気で役目を果たせないでいることを知り、ミヒャエル・ハイドンの手法にならって急遽作曲したのが、K423,K424の2曲である。たった2日で仕上げたといわれている。ミヒャエル・ハイドンといえば、こんにち欠番になっている交響曲第37番の本当の作曲者で、時間がない売れっ子だったモーツァルトが急遽、序奏をつけて演奏した曲です。それで、現在は欠番にしているか、序奏のみ演奏するかのどちらかになっているのです。さてK424に戻ります。第一楽章の出だしは、弦楽四重奏曲のK387の第4楽章の出だしと同じ音使いで始まります。その後の歌うようなヴァイオリンは美しくヴィオラを従えて軽やかに踊っていきます。第二楽章のアンダンテ・カンタービレは、人の心を優しくしてくれます。腹が立って納まりがつかない時はこの曲を聴いてください。きっと心が静かになれます。それでは、第二楽章をお聴き下さい。

k.424 - 2.Andantecantabile(クリック)。コメントもお寄せください。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ←もクリックして下さい。

« 春はそこまで | トップページ | 留魂録 その4 »

Mozart」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

変ロ調のほうを選ぶところが、シブイですね〜。

弾くほうにとっては、ト長調に比べると地獄なのですが(贅沢を言えるほどの腕ではないのですが、ヴァイオリンを弾きたいなあ、と思うといいヴィオラ弾きに出会えず、じゃあヴィオラで行こうか、と思うといいヴァイオリン弾きがいません)、風格ではこっちが上ですね。

ランスロットさんのモーツァルトをお聴きになる耳がかに「厳しい」かが、この選曲で分かってしまう・・・ああ、恐ろしい!

そうなんですかね。素人が無意識に好んでいるだけですけど。でも変ロ長調は、キレイな曲が多いですよね。あっグランパもそうだ。また、頑張っていい曲を紹介できるようにします。ありがとうございます。風邪もかなりよくなりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/5485107

この記事へのトラックバック一覧です: 3分間~モーツァルトを語る 第12弾:

« 春はそこまで | トップページ | 留魂録 その4 »