フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ゴルフコンペ | トップページ | 留魂録 その6 »

2007年3月24日 (土)

赦しの音楽~モーツァルトを語る 第16弾

Mz5309 モーツァルトには、赦しの音楽があると思う。一番有名なのは、フィガロの結婚 第4幕 フィナーレの伯爵が夫人に向かって歌う「Contessa perdona」。映画『アマデウス』のこの場面を観たサリエリの「劇場中を"赦し"の音楽が満たした」という言葉が印象的だ。でも、オペラでなくても赦しの音楽が存在する。第16弾は「ヴァイオリン協奏曲 第5番 第二楽章 Adagio」。この曲は、日本でも数多く演奏されるヴァイオリン協奏曲だ。第1楽章は力強いソナタ形式。モーツァルト独特のあのジェットコースターを堪能できる。そしてなんといっても終盤のカデンツァ。そのすばらしい技巧が必要で聴くものを魅了する。第三楽章は{トルコ風}と名づけられて有名。コル・レーニョ(弓の木の部分で叩く奏法)の指定があるのも特徴だ。そして中間楽章の第二楽章はとてつもなく美しい。私にはここに「赦しの音楽」が聴こえる。ただ優しいだけじゃない。ただ美しいだけじゃない何か。終盤のカデンツァまで一瞬も途切れることなく続くのだ。それでは、グリュミオーのヴァイオリンでお楽しみください。

mozart_5_k.219 - (2) (クリック)。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ←こちらもクリックしてください。

« ゴルフコンペ | トップページ | 留魂録 その6 »

Mozart」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

ヴァイオリンだけでの関連性、という事で恐縮ですが、ようやく、「アントレッターセレナーデ」の記事をまとめました。

http://ken-hongou.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_c947.html

中間楽章の「ヴァイオリン協奏曲」問題についても、一応考えてみましたので、・・・ケチつけて下さいませ!

第5・・・第2楽章は原曲も書き換え版も大好きです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/5802070

この記事へのトラックバック一覧です: 赦しの音楽~モーツァルトを語る 第16弾:

» モーツァルト:アントレッター・セレナード [Ken]
1773年でつっかえていて済みません。 この年は、作品一つ一つを見て行くと、モーツァルトにとって本当に大きな人生の転機だった、と強く感じます。だからといって以前より取り上げかたがていねいになっている訳... [続きを読む]

» フィガロの結婚のこと [モーツァルト大好き!]
フィガロの結婚のことや、関連する情報を紹介しています。 [続きを読む]

« ゴルフコンペ | トップページ | 留魂録 その6 »