フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 暖かな一日 | トップページ | 帰宅 »

2007年3月 6日 (火)

荀彧

Isbn9784569667959 PHP文庫から出ている「荀彧」という本を読んだ。荀彧なくして曹操なしと謳われた魏の名軍師である。最期は、曹操と距離ができ、もはや不必要とされていると感じ、毒を仰ぎ死んだというのが定説(空の壷の話)であるが、本書は、そのように終わらせていない。また、漢室を重んじていたとされる説をも覆がえしている。むしろ、曹操に早く、漢四百年の重みを飛び越えよと箴言する姿がそこにある。正統三国志ファンには眉をひそめそうな展開だが、そういう作者独特の解読もおもしろい。さて、本書とは少し関係ないが、荀彧で一番の軍師としての名場面は、なんといっても曹操へ勇気づけの場面であろうか。

彧則見太祖。太祖乃以紹書示彧、曰、今将討不義而力不敵、如何。

彧曰、古之成敗者、誠有其才、雖弱必強。荀非其人、雖強易弱。

劉・項之存亡、足以観矣。

彧すなわち太祖に見まう。太祖すなわち紹の書を以て彧に示して曰く、

「今、不義を討たんとするも、力、敵せず、如何せん」彧曰く、

「古の成敗は、誠の其の才有れば、弱と雖も必ず強く、荀しくも其の人に

非されば、強と雖も弱め易し。劉・項の存亡、以て観るに足る矣。

昔から勝敗は人しだい。トップに其れだけの力(力量)があれば、弱くても必ず強大になる。逆にトップに人を得ていなければ、いかに強くても最期は弱くなる。これは、劉邦と項羽を見ればわかることだと、袁紹と曹操の人を比較して、袁紹は曹操の敵ではないと、弱音を吐く曹操を勇気づける。この言葉を得て、曹操は袁紹との対決を決意するにいたる。誠に王佐のすぐれた直言といえよう。

« 暖かな一日 | トップページ | 帰宅 »

三国志」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/5701637

この記事へのトラックバック一覧です: 荀彧:

« 暖かな一日 | トップページ | 帰宅 »