フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 姉ヶ崎カントリー倶楽部 東コース | トップページ | 留魂録 その5 »

2007年3月11日 (日)

癖になる音

2/10に美しいメロディーの代表としてボロディンの弦楽四重奏曲第二番第3楽章「ノクターン」を紹介した。この曲は、このまま終わってもいい、いや終わるべきだと思うのだが、実はその後に一種独特のフモールとも言うべき第4楽章{フィナーレ~アンダンテ・ヴィヴァーチェ}がある。kenさんのブログ2/20「音は自然に寄り添うものだ」でアンサンブルの妙が紹介されているのでご覧いただきたい。正直に述べると、「なんじゃあこりゃあ」という怪しい音で始まる。しかし、その後に出てくる自由闊達な足音のような流れるテンポの中で、弦が一糸乱れず蠢くので話は変わる。半音階の4部音符と全音階の8分音符の違った動機が不思議と合うのだ。鬱なチェロと躁のヴィオラと言ったところか。確かにkenさんが書いているように、もし下手な演奏家のアンサンブルなら聴けたもんじゃないだろう。それこそ「なんじゃこりゃあ」で終わってしまう。しかし、聴けば聴くほど癖になるのだ。このボロディンの第4楽章は。それではボロディン四重奏団でお聴きください。borodin_2_4 (クリック)。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ←こちらもクリックしてください。

« 姉ヶ崎カントリー倶楽部 東コース | トップページ | 留魂録 その5 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

私の、どちらかというと仲間にけんかを売ったみたいなお恥ずかしい記事を丁寧にお読みいただいた上に、ご紹介まで頂いて汗顔の至りです。
いま、音を聴けないのですが、4楽章ですよね?
この演奏、ノンヴィブラートでユニゾンをぴったり合わせているのですが、他団体の演奏では絶対に聴けないんですよね。初めて聴いたときは(ソ連時代だったので)
「あ、鉄のカーテンの響きがする!」
って、背筋がぞっと寒くなったのを、ありありと思い出します。
彼らの楽屋に押しかけて、お持ちの楽器をしげしげ眺めていたら(ノーワックスなのでギラギラ光を反射したりしていませんでしたが、いい楽器でした)、そそくさとケースの蓋を閉められたのも思い出しました (^^;

こんにちは。癖になる音、ぜひ聴いてみたいと思ってクリックしたのですが、聴けませんでした。。何が悪かったのでしょうか。PCに弱い私にはわからないです。すごく残念です。

ところで、リンク集やっとできました!(これもどうやって作っていいか、わからず苦戦していました^^)
リンクさせていただきました♪

これからもどうぞよろしく☆

Kenさん 勝手にリンクすいませんでした。
Mattinaさん お聴きになれなくて残念です。Windows Media Player を最新版にヴァージョンアップされたら、ひょっとしたら大丈夫かも知れません。「Windows Media Player」で検索し、ダウンロードしてみてください。

こんにちは。ランスロットさん、相互リンクして頂いて有難うございます。

話は変わるのですが、以前頂いたコメントの中で、Windows Media Playerをバージョン・アップしたら「癖になる音」を聴けるようになるとのアドバイスをいただきました。

何かダウンロードしたり、バージョンアップするたびに、妹のPCが不具合を起こすので、(FMVです)、ちょっと臆病になって、まだやっていません。ちなみに私はデルです。

早く聴いてみたいのですが・・。

Mattinaさん 私のブログの他の曲は、聴けるのでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/5654723

この記事へのトラックバック一覧です: 癖になる音:

« 姉ヶ崎カントリー倶楽部 東コース | トップページ | 留魂録 その5 »