フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ドクターラッペル | トップページ | びっくり »

2007年4月30日 (月)

ヨハン・クリスチャン・バッハ~モーツァルトを語る 第21弾

Jcbach ヨハン・クリスチャン・バッハは少年期のモーツァルトに最も影響を与えた作曲家だと言われている。ロンドンで新時代の予感に触れ衝撃を受けた。J.C.バッハは当代隋一の旋律法の大家である。(大バッハの末っ子)8歳のモーツァルトが彼に師事できたことは幸いであったといわれる。様々な旅によってこうして天才モーツァルトが育まれていったのだろうと思う。K333など、その影響を受けた曲は多くあるが、今日はまさに、J.C.バッハの曲を編曲した「3つのクラヴィーア協奏曲 K107」を紹介する。標題には「アマデーオ・ヴォルフガンゴ・モーツァルト氏により協奏曲に編曲されたジョヴァンニ(ヨハン)・バッハ氏の3曲のソナタ」(イタリア語)と書かれている。これら3曲の協奏曲は、ヨハン・クリスチャン・バッハの《クラヴサンまたはピアノフォルテのための6つのソナタ(メクレンブルク公エルンスト殿下に献呈)》(作品5)の第2番、第3番、第4番をほぼ忠実に協奏曲に編曲したものである。題名どおり3曲あるが、音は、1曲目(J.C.バッハのピアノソナタ作品5の2から)の2 Andante ト長調 2/4 をお聴きください。可愛らしさがたまらず好きです。kv107_no_1_in_d_2. Andante (クリック)。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ←こちらもクリックお願いします。

« ドクターラッペル | トップページ | びっくり »

Mozart」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰すみません。
PC故障にアマオケ合宿でした。。。

ブログを始めたばかりの頃、クリスチャン・バッハ伝を掲載しました。
長ったらしいですけれど、お読みいただければ幸いです。


http://ken-hongou.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_401b.html

これだけ詳細な文があったとは気がつきませんでした。すいません。休みの日にじっくり読ませていただきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/6256554

この記事へのトラックバック一覧です: ヨハン・クリスチャン・バッハ~モーツァルトを語る 第21弾:

» クリスチャン・バッハ略伝 [Ken]
モーツァルト好きには有名な話ですが、レオポルド、ヴォルフガング親子が共通して「最高の作曲家」と評価したまれな存在が、この「ロンドンのバッハ」でした。 ヴォルフガングが、苦悩の時代をすごしたパリ近郊から... [続きを読む]

» バッハのこと [バッハ大好き!]
バッハのことや、関連する情報を紹介しています。 [続きを読む]

« ドクターラッペル | トップページ | びっくり »