フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« びっくり | トップページ | ダヴィンチ展 »

2007年5月 4日 (金)

疾走の始まり~モーツァルトを語る 第22弾

Photo_8 第22弾は、久々の弦楽四重奏曲の登場。ミラノ四重奏曲の5番目の作品「弦楽四重奏曲 第6番 変ロ長調 K.159」です。緩・急・急という楽章構成を持つ特徴的な作品です。いわゆるディヴェルトメント風ですね。第一楽章はアンダンテというゆったりとしたテンポで始まり柔らかく温かみのある音色です。何故か9小節目まで第1ヴァイオリンが登場しない。そしてこの9小節目の第2ヴァイオリンとヴィオラのシンコペーションは「らしい」としか言いようがない。さて、この曲の肝は、なんといっても第2楽章(5分30秒から)でしょう。モーツァルトにとって始めての短調でのソナタ・アレグロ。まさに疾風怒濤的傑作といえよう。かの「疾走するかなしみ」は原点はここにあるような気がする。調性は宿命のト短調。ひたむきに駆け抜けるという言葉がぴったりくるだろうか。それでは聴いてください。。mozart_06_k.159(クリック)。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ←こちらもクリックしてね。

« びっくり | トップページ | ダヴィンチ展 »

Mozart」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

これ、大学オケに入って少しすると先輩に無理矢理しごかれる課題曲の一つでした。
冒頭が、なかなかいい感じにならない。
セカンド弾きにはつらい曲です。
ファーストをまわされると、こっちはある程度好き放題できるので、ほっとしたものでした。。。

なつかしい!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/6296843

この記事へのトラックバック一覧です: 疾走の始まり~モーツァルトを語る 第22弾:

« びっくり | トップページ | ダヴィンチ展 »