フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 留魂録 その9 | トップページ | アンティーク・タッチ »

2007年5月27日 (日)

洗練~モーツァルトを語る 第24弾

14 第24弾は、大司教の館のターフェルムジーク(食卓音楽)として作曲された6曲(K213、240、252=240a、253、270、289=271g)の作品の中で第5番目の曲である「ディヴェルトメント 第14番 変ロ長調 K.270」をとりあげる。オーボエ2、ホルン2、ファゴット2という簡単な編成。管楽器のみでモーツァルトほど洗練された音楽を作り上げた人はいないだろう。センスの格を感じる。自筆楽譜には、〈アマデーオ・ヴォルフガンゴ・モーツァルトの6声のディヴェルティメント第5番 1771年1月〉と書かれている。4楽章編成の15分弱の曲です。第1楽章はアレグロ・モルト。ファゴットの8分音符の上でオーボエが軽やかにメロディーを歌い上げるところがお気に入りです。それではお聴きください。mozart_14_k.270.mp3(クリック)。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ←こちらもクリックお願いします。

« 留魂録 その9 | トップページ | アンティーク・タッチ »

Mozart」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/6565484

この記事へのトラックバック一覧です: 洗練~モーツァルトを語る 第24弾:

« 留魂録 その9 | トップページ | アンティーク・タッチ »