フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« アンティーク・タッチ | トップページ | 娘の最後の演奏会 »

2007年6月 2日 (土)

ファゴットとチェロ?~モーツァルトを語る 第25弾

Fairf03_2 第25弾は、ヴァイオリンソナタを除けば数少ない二重奏から「ファゴットとチェロのためのソナタ 変ロ長調 K292」。たぶん二重奏というのは以前紹介したヴァイオリンとヴィオラの二重奏(k423.k424)と2つのバセットホルンによる二重奏(k487)くらいではないかと思う。取り上げた理由は、低音楽器の管弦による二重奏で極めて珍しいからです。ファゴットとピアノをたしなむバイニルン選帝侯侍従長フォン・デュルニッツ男爵(ミューヘンの音楽愛好家)の依頼により作られた1775年の作品です。チェロは、2.3楽章で細かく動く場面もありますが、ほとんど伴奏であると思っていいでしょう。ちなみにファゴットとはイタリア語で「束」を意味することみたいですね。ファゴットの音はいつも私を森の奥深いところに連れていってくれる気がします。非常に短い曲ですが、それなりに味わいがあります。ご存知のようにモーツァルトにはチェロが主人公で活躍する曲がありません。その時代にモーツァルトが曲を作りたいと思わせる名演奏家がいなかったのでしょうね。残念でなりません。それでは第二楽章(Andante)をお聴きください。k.292 - 2.Andante(クリック)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ←ここもクリックお願いします。

« アンティーク・タッチ | トップページ | 娘の最後の演奏会 »

Mozart」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

貴重なものを聴かせて頂きました! 初めて聴きました!
ああ、まだ自分が1775年まで進んでなくてよかった!
新鮮な喜びを味わえましたもの!

!!!ばっかりだ!

曲種が珍しいから、録音の選択に迷うんですよね。
まあ、選択肢自体少ないですけれど。。。

ありがとうございました!

すみません、こっちの記事にここへのリンクを貼らせて頂きました。

http://ken-hongou.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/misericordias_d_f0ac.html

作品表を改めて見たら「疑作?」とあるので・・・ショック。
こんなにいい曲なのに!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/6635031

この記事へのトラックバック一覧です: ファゴットとチェロ?~モーツァルトを語る 第25弾:

« アンティーク・タッチ | トップページ | 娘の最後の演奏会 »