フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 炊飯器 | トップページ | モーツァルト 作品 振り返り »

2007年8月12日 (日)

慈愛~モーツァルトを語る 第30弾

Cl400記念すべき第30弾は、「クラリネット協奏曲 イ長調 K622」です。第26弾で五重奏を先に紹介しましたが、こちらも最上の名曲です。K622は、モーツァルトが最後に完成させた作品です。この曲は言わずと知れた{アマデウス 旋律の王様 イ長調}。この曲を聴くとモーツァルトにとってト短調が宿命の調性なら、イ長調は天与の調性であると感じます。私にとってK622はこう聞こえてなりません。第一楽章は、モーツァルトが今まで生きてきた人生を振り返って音にしたもので、第ニ楽章は、神はすべてを、そしてもうすぐ召される自分をもこのように暖かく包み込んでくれるだろうと感じた音、第三楽章は、天上での自分の姿を想像した音であると。自分が最も愛したクラリネットでそれは演奏される。もう言葉は要りません。それでは聴いてください。

アントニオ・ペイ:AAM Hogwood の演奏です。

k.622 - 1. Allegro(クリック)

k.622 - 2 .Adagio(クリック)

k.622 - 3. Rondo(クリック)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ←こちらもクリックお願いします。

« 炊飯器 | トップページ | モーツァルト 作品 振り返り »

Mozart」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

遅いコメントですみません。

これ、バセットクラリネットを使っていますよね?
深い、いい音のする楽器ですね。

ホグウッドの「甘く走らない」解釈が活きた、よい演奏だなあと思いました。

「古楽器」などという言葉が死後になりつつあることを嬉しく思っていますが、実は先日ご紹介の演奏で「アーノンクールに似ているけど違う」と感じてしまったこと、いまにして思えば、先駆けて「当時に戻ってみよう」ときちんと考えた人たちは、やはり共通した「目的地」をもっていたんだなあ、と、ある意味、胸を打たれています。

Kenさんも初盆お疲れ様でした。それにしてもKenさんの耳はすごいです。ご指摘の通りバセット・クラリネットを使用しています。この演奏は実に名演奏だと思っています。またまたコメントありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/7509688

この記事へのトラックバック一覧です: 慈愛~モーツァルトを語る 第30弾:

« 炊飯器 | トップページ | モーツァルト 作品 振り返り »