フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« モーツァルト 作品 振り返り | トップページ | 太陽のタマゴ »

2007年8月14日 (火)

楠木正成

Kusumasa1_3 Kusumasa2_2北方謙三 「楠木正成」上・下 先週読みおえた。南北朝きっての英雄 楠木正成を如何に北方氏が描くか興味があった。夢に賭け夢に滅ぶ悪党としての姿。そこには七生報国も大楠公としての有様も存在はしない。ただ燃え尽きた男の姿だけがある。英雄然とした姿でなく、その一個の人間としての描き方に共感を覚えた。北方「正成」には、桜井の別れも湊川の合戦もいらない。だから書かずに終る。私はそれでいいと思う。また武士の棟梁としての足利尊氏との生き方の比較もおもしろかった。そして相変わらず「男」は恰好いいです。たぶん北方氏が一番惚れているであろう「大塔宮」や「赤松円心」「楠正季」など自分を貫く姿がそこにある。ぜひご一読を。

« モーツァルト 作品 振り返り | トップページ | 太陽のタマゴ »

北方謙三」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/7537937

この記事へのトラックバック一覧です: 楠木正成:

« モーツァルト 作品 振り返り | トップページ | 太陽のタマゴ »