フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 宮崎レイクサイドゴルフ倶楽部 | トップページ | さんまの塩焼き »

2007年9月 3日 (月)

憂愁 ~ モーツァルトを語る 第31弾

Photo 第31弾は、「弦楽四重奏曲 第15番 ニ短調 K421」。ハイドンセット2番目の曲だ。日本語には「憂愁」という言葉がある。この曲にぴったりの言葉ではないだろうか。第一楽章のSotooVoceで始まる第一主題ヴァイオリン その2音で我々は、短調という澱みの中へ引きずり込まれる。そして、その「澱み」の水底でチェロが支えていることを知る。第二楽章は、唯一の長調(ヘ長調)。でも明るくはない。安らぎの中での背中合わせの「不安」といった曲想。第三楽章の中間部のトリオは秀逸だ。「他に例がないピチカート」に支えられたヴァイオリンの独奏は美しい。そして終楽章の変奏曲。シチリアーノのリズムの主題は、こうして座って聴いていても、追いかけられ逃げているような気分にさせられる。変奏曲もすごいの一言。スラーでありながらうごめくヴァイオリン。不思議なシンコペーションの掛け合い。ヴィオラのソロ。一転して美しい長調のメロディー。3連音符のフォルテシモ。てんこもりとはこのことか。それでは、第1・第4楽章をお聴きください。

k.421-01-Allegro (クリック)k.421-04-Allegretto Ma Non Troppo(クリック)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ←こちらもクリックお願いします。

« 宮崎レイクサイドゴルフ倶楽部 | トップページ | さんまの塩焼き »

Mozart」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

私の聴いたことのない団体のようですが、中堅どころか、もう少しお若い方達でしょうか? 今時珍しく、(良い意味で)後期ロマン派の色合いを出しているのも興味深く思われました。・・・しかも、よくまあ、綿密に打ち合わせてある!バランスには相当配慮していますね。
ヴィオラは、ゲヴァントハウスのメンバーに近い音を出していますね。
どちらの団体なんでしょうね?
いいものを聴かせて頂きました。

体調を崩しており遅くなりました。アメリカを代表する四重奏団でしょうか。ガルネリ・カルテットです。

なんとまあ!
アメリカで、ドイツの音!

なんてことより、体調いかがですか、とすぐお訪ねしないこの思いやりの無さ・・・反省。
さんま、いっぱい食べてください!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/7778128

この記事へのトラックバック一覧です: 憂愁 ~ モーツァルトを語る 第31弾:

« 宮崎レイクサイドゴルフ倶楽部 | トップページ | さんまの塩焼き »