フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 優雅に ~モーツァルトを語る 第33弾 | トップページ | 道誉なり »

2007年10月10日 (水)

第2ヴァイオリンだって ~ モーツァルトを語る 第34弾

03

第34弾はウィーン四重奏曲から「弦楽四重奏曲 第10番 ハ長調 K.170」をとりあげよう。敬愛するKenさんも好きな曲だ。第1楽章に変奏曲が使われている珍しい曲だ。モーツァルトが崇拝する、かのハイドン先生の影響をもろに受けているといわれているこの時代のモーツァルトの四重奏曲の3曲目の曲です。私が好きなのは、第3楽章(Un poco Adagio)だ。冒頭の第1ヴァイオリンはなんて美しいのだろう。そしてそれにもまして、提示部から展開部へのヴィオラと第2ヴァイオリンのソロ。そして再び第1ヴァイオリンへ引き継がれる哀愁を帯びたメロディーライン。伴奏へ移った第2ヴァイオリンの何気ない1回だけの3度のハモリ(36・37小節目)。もう降参です。

それでは、聴いてください。

_k.170 (ウィーン四重奏曲3).mp3(クリック)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ←こちらもクリックお願いします。

« 優雅に ~モーツァルトを語る 第33弾 | トップページ | 道誉なり »

Mozart」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

すみません、とりこみで、久々の拝読となりました。
(自分のことにばっかり熱中して・・・)

で、なんと、リンク貼って下さっていたとは・・・恐縮です。

演奏も、いいものをお選びですね。

この曲にもいろんな思い出があるなあ。。。聴いていると、学生時代に帰れます。

次は何を選曲なさるか、また楽しみです!

ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/8317225

この記事へのトラックバック一覧です: 第2ヴァイオリンだって ~ モーツァルトを語る 第34弾:

« 優雅に ~モーツァルトを語る 第33弾 | トップページ | 道誉なり »