フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 結婚式 | トップページ | 第2ヴァイオリンだって ~ モーツァルトを語る 第34弾 »

2007年10月 6日 (土)

優雅に ~モーツァルトを語る 第33弾

310245683_6752c21ca5

結構披露宴に参加したので、そんな場面にピッタリ曲を第33弾に選ぼう。「セレナーデ 第6番 ニ長調 K239  セレナータ・ノットゥルナ」である。モーツァルト二十歳の時の作品である。この曲は、バロック時代の合奏協奏曲のようで、3つの楽章からなる。ティンパニーの登場が特徴的だ。アインシュタインも「音の響きと旋律の点で、モーツァルト初期の作品中最も魅惑的な曲である」とやはり高く評価している。約12分と短い曲であるが、今日は、その中で最も祝宴にあいそうな第二楽章を紹介する。それでは聴いてください。

_k.239 'Serenata Notturna' 2. Menuetto - Trio(クリック)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ←こちらもクリックお願いします。

« 結婚式 | トップページ | 第2ヴァイオリンだって ~ モーツァルトを語る 第34弾 »

Mozart」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメント、ありがとうござました!
リンクさせて頂きました!

かなりがっちりした演奏ですね。どちらの団体でしょう?
私の手持ちは軽めの演奏しかないので、有名なものだとしても、見当がつかない・・・ベーム当たりですか?(ハズレ、だろうな!)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/8269146

この記事へのトラックバック一覧です: 優雅に ~モーツァルトを語る 第33弾:

« 結婚式 | トップページ | 第2ヴァイオリンだって ~ モーツァルトを語る 第34弾 »