フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« JAF | トップページ | 黒龍の柩 »

2007年11月17日 (土)

ヴァイオリンとヴィオラ ~ モーツァルトを語る 第36弾

Ichou

第36弾は、「弦楽五重奏曲第3番ハ長調K515」。かの第4番K516を登場させたのが第2弾(2006年10月19日)。随分と遅くなってしまった。なにせこの二曲は一対のような捉え方をよくされるからである。第一楽章のアレグロは楽しい。内声部が8分音符を刻む中、チェロが重い足取りで音階を駆け上がり、第一ヴァイオリンが優しく手を差し伸べゆく第一主題。なんと4オクターブを駆使。展開部は、ハ長調とは思えない音の色彩。憂いのメロディー。感服!!そして第二楽章アンダンテは限りなく美しい。今日のような秋の穏やかな日にグッとマッチした曲です。第一ヴィオラが第一ヴァイオリンとが絡み合うように旋律を奏で、まるで二重協奏曲のようです。ヴィオラをこよなく愛したアマデウスならではの作品ではないでしょうか。ヴィオラ奏者にはたまらない曲でしょう。それでは、第二楽章をお楽しみください。mozart_03_k.515 - II_Andante(クリック)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ←こちらもクリックお願いします。

 

« JAF | トップページ | 黒龍の柩 »

Mozart」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

・・・第2楽章で来ましたか!
じつは、私は第1楽章が大好きです。
あれのヴァイオリンを(ただし、腕のいいメンツの中で)弾いていると、心がとても伸びやかになっていくのを感じます。
第2楽章では、でも、たしかにヴィオラに持ち替えたくなります。
ヴィオラの方が「泣き」の効果がちゃんと出せる楽器だから・・・演歌好きにもたまらない!(って、違うか。)
じっさい、学生の頃、低学年のうちははじめ「お前はまだまだだからヴィオラ弾け」って弾き始めさせられて、第2楽章に来るとヴィオラを千杯に取っ替えさせられて
「この楽章はおまえ、ヴァイオリン弾け」
(T_T)
悲しい思い出。

コメントありがとうございます。勿論、第一楽章も大好きです。ここでは、久しぶりにヴィオラを紹介したかったので第2楽章にしてみました。やっぱりそうですが、ここはヴィオラが弾きたいですよね。でも弾ける人が羨ましいです。こちらは、ただ聴くだけですから・・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/8970576

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイオリンとヴィオラ ~ モーツァルトを語る 第36弾:

« JAF | トップページ | 黒龍の柩 »