フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« コンペ準優勝 | トップページ | LPGAチャンピオンシップリコーカップ »

2007年11月18日 (日)

強迫観念

昔、心理学を勉強していた人に教えてもらったことを思いだした。

嫌な思考、想い出、イメージ、衝動、または悲哀などが、何度も繰り返して感じられるもので、強い不安や嫌な思いを伴うものを強迫観念というらしい。「脅迫」ではない。これが悪化すると「強迫性障害」と呼ばれる。よく言われるものが、潔癖症といわれる、手を何十分も洗わないと気がすまないってやつだ。それらしい本を読んでみると、この強迫観念で現れる行動を自分はよくとっている。

①ある物の位置が曲がっていると気になる。

(机に置かれたタバコやライターは机に平行であるべき、勿論箸も平行)

②本は、あいうえお順、上中下順、1巻から順番になっていないと気がすまない。

(う~ん 高さも揃ってないと気になるなぁ)

③ある物が、しかるべき所にないと、すぐになおす。

(キャディーバックのすべての番手はいつも同じであるべき、確かにキャディーが違う所へいれるとすぐに入れ替えている)

ある意味自分では常識だが、これは「不完全恐怖」と呼ばれるものらしい。

でも誰にも迷惑をかけないし、これで落ち着くのだから、良しとしてもらいたい。

« コンペ準優勝 | トップページ | LPGAチャンピオンシップリコーカップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いやあ、なくて七癖、というやつの範囲にお留まりですから、誰にも気にされませんよ。(寂しいですか?)
私がいちばん悩まされた強迫観念は、オーケストラでワーグナーを練習していて弾けないでいた時、毎晩、横になって眠りかけると、(頭の中でなんでしょうが)ワーグナーがなり出してしまうことでした。演奏会本番が終わっても消えず、あのときはほとほと困り、顔にも出たらしくて、あるかたに
「あなた、磔になったキリストみないな顔してるよ」
って言われました。
・・・いや、そんなことは無かったはずです。太ってまんまるな顔なんだから。
(ちなみに、私も心理学専攻でした。)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/8984532

この記事へのトラックバック一覧です: 強迫観念:

« コンペ準優勝 | トップページ | LPGAチャンピオンシップリコーカップ »