フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 珍妃の井戸 | トップページ | ナショナル・トレジャー~リンカーン暗殺者の日記 »

2007年12月22日 (土)

空に舞う蝶 ~ モーツァルトを語る 第38弾

Photo

第38弾は、「フルート四重奏曲第1番 ニ長調 K285」。以前にも何度か書いたが、フルートはモーツァルトが嫌いで、我慢のならない楽器だったそうだ。でも本当だろうか。モーツァルトのフルートの曲はどれもすばらしいのだ。このフルート四重奏曲、フルート協奏曲K314、フルートとハープのための協奏曲K299、魔笛での主役級の使い方などなど。とてもいやいやで作り上げたなんて思えない。

さてK285だが、優しく頬をなでる風のように爽やかなアレグロの出だしに、思わず空を見上げたくなるのは私だけだろうか。喜びを素直に表現したくなるメロディー。でもモーツァルトは、喜びはいつまでも続かないと教える。短調への移行、でもまた長調へ。喜びと切なさで揺れ動く心を表わしたような展開。第二楽章、ロ短調のアダージョは、えもいえぬ美しさだ。アンリ・ゲオンは「蝶が夢想している。それはあまりにも高く飛び舞うので、紺碧の空に溶けてしまう。」と書いているが、聴いていてその映像が浮かんできそうだ。ピチカートに支えられ{紙で作られた蝶}が空へ消えてゆく。これはフルートでしかなしえない映像だと思う。

それでは、聴いてください。

1allegro_quartet_k.285, in D (クリック)

2_adagio_quartet_k.285, in D (クリック)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ←こちらもクリックお願いします。

« 珍妃の井戸 | トップページ | ナショナル・トレジャー~リンカーン暗殺者の日記 »

Mozart」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/9522155

この記事へのトラックバック一覧です: 空に舞う蝶 ~ モーツァルトを語る 第38弾:

« 珍妃の井戸 | トップページ | ナショナル・トレジャー~リンカーン暗殺者の日記 »