フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« Mozart_ 46 Symphonies | トップページ | 初詣 »

2007年12月31日 (月)

ほめたたえよ ~ モーツァルトを語る 第39弾

Photo 第39弾は、「ヴェスペレ「証聖者の盛儀晩課」 Vesperae Solennes de Confessore ハ長調」から第4曲・第5曲をお届けする。ヴェスペレとは、カトリック教会で信徒が集うミサの他に、聖職者が行なう1日8回の聖務日課の内、日没時に行われる祈り(晩課)のことで、宗教音楽の歴史上ミサに次ぐものだ。「ヴェスペレ」の歌詞はラテン語だが,ミサ通常文ではなく,旧約聖書からのいくつかの詩篇(psalms)に加え,最後に新約「ルカ福音書」からの聖母マリアによる賛歌「マニフィカト」に作曲するという形式が決まっていた。 以下がその6曲である。

第1曲 ディクシト。(主は言われる) ハ長調 

第2曲 コンフィテボル。(主をほめまつる) 変ホ長調

第3曲 ベアートゥス・ヴィル。(幸いなるかな ) ト長調

第4曲 ラウダーテ・プエリ。(ほめたたえよ) ニ短調

第5曲 ラウダーテ・ドミヌム。(主をほめたたえよ) ヘ長調

第6曲 マニフィカト。(吾が魂は主をあがめ) ハ長調 

全ての章は、次の歌詞で終わる。

Gloria Patri, et Filio, et Spiritui Sancto.   

父と子と聖霊に栄光あれ。
Sicut erat in principio, et nunc, et semper,   

始めにありしごとく,いまも いつも,
et saecula saeculorum. Amen.   

世々限りなく。アーメン。

さて第4曲の減七度歩行の主題にもとづくフーガは、聴くものを虜にする。そしてK387の第4楽章で見せたポリフォニーとホモフォニーの結合はここにも見られる。第5曲のソプラノソロは、上質のアリアのようだ。また合唱のメロディーはこの上なき優しさに包まれており、最後のAmenはまさに天上の音楽と感じるのは私だけだろうか。

アルフレッド・アインシュタイン「モーツァルトのこのような楽曲を知らない者は、モーツァルトを知る者とは言えない。」

それでは聴いて下さい。

mozart_k.339 4. Laudate Pueri.mp3 (クリック)

mozart_k.339 5. Laudate Dominum.mp3 (クリック)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ←こちらもクリックお願いします。

« Mozart_ 46 Symphonies | トップページ | 初詣 »

Mozart」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
やっと実家から戻り、音を聴くことが出来ました!
荘厳な、素晴らしい作品ですね。最後のヴェスペレですね。
・・・私はまだまだここまでたどり着けませんが・・・

聞けて、幸せです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/9642672

この記事へのトラックバック一覧です: ほめたたえよ ~ モーツァルトを語る 第39弾:

« Mozart_ 46 Symphonies | トップページ | 初詣 »