フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« シューベルト 弦楽三重奏曲 | トップページ | ブルボンの封印 »

2008年1月29日 (火)

童門冬二氏

童門冬二氏の講演を聴く機会に恵まれた。歴史に学ぶ行革と地方分権という話だった。童門氏といえば、やはり「上杉鷹山」が有名だが、私にとっては、「吉田松陰」の方が愛読書だ。松陰先生の成長する姿、一貫した生き様、門下生との接し方などを描いた名品である。そんな童門氏のシャベリは、落語家口調であった。行革を真に成し得るには、精神面改革が伴わなければ実を得る事ができない。「恕」の教えが重要と成るという話であった。徳川吉宗の享保の改革を例に淡々と話されとても勉強になった。感謝・感謝!

« シューベルト 弦楽三重奏曲 | トップページ | ブルボンの封印 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/10296286

この記事へのトラックバック一覧です: 童門冬二氏:

« シューベルト 弦楽三重奏曲 | トップページ | ブルボンの封印 »