フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« チェンバロ | トップページ | 花見 »

2008年4月 3日 (木)

軽やか ヘ長調 ~ モーツァルトを語る 第47弾

Sakura

東京より何故か遅れて宮崎にも桜の満開の時が来た。当然こちらのほうが暖かいのに不思議な気がする。さて第47弾は、「交響曲第18番 ヘ長調 K.130」。数少ないヘ長調の曲だ。ヘ長調の曲は、軽やかな曲想が多い気がする。K138,K413,K459,K370などが挙げられる。18番は天才少年モーツァルトの溌剌感が魅力ではないだろうか。そして此の曲は、オーボエをはずし、フルートを入れた編成、ホルンを4本使った点が目を引く。レントラー調のメニュエットもおもしろい。浮き浮きした気分の時に聴いてください。それでは、前項のチェンバロつながりで、ピノックの演奏で。

mozart_18_k.130 (クリック)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ←こちらもクリックお願いします。

« チェンバロ | トップページ | 花見 »

Mozart」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

ピノック盤の全集は全般に明るくて大好きです。
私自身は交響曲は21番以降が好きなのですが、18番もこうしてあらためて聴くと、新鮮ですね。お写真の佐倉の色合いともよく合うような気がしました。

>ピノック盤の全集は全般に明るくて大好きです。

そうですよね。だから中期のものはピノックがお気に入りです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/12226729

この記事へのトラックバック一覧です: 軽やか ヘ長調 ~ モーツァルトを語る 第47弾:

« チェンバロ | トップページ | 花見 »