フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 霧島東神社 | トップページ | 爽快 2番目のイ長調シンフォニー ~ モーツァルトを語る 第49弾 »

2008年4月22日 (火)

文庫 北方水滸伝 完読

北方水滸伝 第19巻読み終わる。1年2ヶ月前に読み始め、一気に6巻を読んだ。それから月に1巻ずつしか出版されない。ひと月に1冊。いつも待ち遠しかった。しかし、後半になるにつれ終わらないで欲しいと思った。昔、北方三国志13巻を読んだが、これほどの感動はなかった。三国志フリークだし、三国志物は100冊以上を読み漁っている。自分の中で、キャラクターが出来上がっていて、こういう描き方もあるかくらいの感想だった。しかし水滸伝は、違った。名作だ。同名の人物があるだけでそこには全く違う水滸伝が描かれていた。ありがとう北方謙三さんと言いたい。時間ができれば、1巻ずつ感想を書いていきたい。

あまり本は読まない大学生の息子が、何故か自宅の書斎から取り出し、北方水滸伝だけは読んでいる。この良さは男しかわからないような気がする。それを息子も夢中になって読んでいるのが妙に嬉しい。さてこれで、「楊令伝」にいける。

MY BLOG 北方物 リンク

楊家将  血涙

破軍の星  武王の門  楠木正成  

悪党の裔  道誉なり  陽炎の旗

波王の秋

黒龍の柩

« 霧島東神社 | トップページ | 爽快 2番目のイ長調シンフォニー ~ モーツァルトを語る 第49弾 »

北方謙三」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/20481589

この記事へのトラックバック一覧です: 文庫 北方水滸伝 完読:

« 霧島東神社 | トップページ | 爽快 2番目のイ長調シンフォニー ~ モーツァルトを語る 第49弾 »