フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 百合 満開 | トップページ | ヴァイオリンソナタの中のジュピター音型 ~ モーツァルトを語る 第53弾 »

2008年6月21日 (土)

日出づる国・水漬くかばね

Photo Photo_2

4巻目・5巻目 完読。

「日出づる国」は、絶大な権力を握った蘇我馬子の引き起こした崇峻天皇暗殺から推古女帝の死までを描く。後半は聖徳太子が、大帝国隋を相手に対等の外交政策を取ることにより、半島政策を有利なものに展開していこうとした気概を中心に描かれているが、それ以外は、さほど太子の事績は詳細ではない。あたりまえである。日本書紀における太子の生涯は、さほど多く描かれていないからだ。日本書紀を元に書かれた本書なのでこの点に不満はない。

「水漬くかばね」は、蘇我氏の専横に見切りを付けるべく、同じ理想で結ばれた中大兄皇子(天智天皇)と中臣鎌足が蘇我氏を斃し、「大化改新」事業を打ち出してゆく姿を中心に描かれている。しかし朝鮮半島では、新羅を従えた強国・唐が百済の王都を陥とし、百済・高句麗との三国同盟で唐に対抗しようとする日本の外交政策は危機にさらされる。友邦救援のため、日本は運命の「白村江の戦い」へと突入していく。

« 百合 満開 | トップページ | ヴァイオリンソナタの中のジュピター音型 ~ モーツァルトを語る 第53弾 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/21782022

この記事へのトラックバック一覧です: 日出づる国・水漬くかばね:

» 【日韓歴史】 日本人の中に百済のDNAを確認した東京シンポジウム「百済文化と日本列島」★2[06/23] [【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1214409737/ [続きを読む]

« 百合 満開 | トップページ | ヴァイオリンソナタの中のジュピター音型 ~ モーツァルトを語る 第53弾 »