フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 水滸伝MAP 届く | トップページ | ハイビスカスゴルフクラブ »

2008年6月 7日 (土)

民族の雄飛・悠久の大和

Photo

Photo 古代からの伝言シリーズ第2巻・3巻目を読む。

「民族の雄飛」は、大和朝廷により日本が統一され、三韓へ進出する時代を描く。謎の女帝 神宮皇后の登場だ。東アジアの覇権をかけて激突する強国・高句麗と古代日本。「好太王碑」が伝える戦いの全貌を明らかにし、巨大古墳で有名な応神・仁徳天皇の時代を描く。仁徳天皇の「いまよりのち、三年にいたるまで、ことごとく課役をやめ、民衆の苦しみを息えよ」と租税・労役の免除の宣言は、仁徳の名にふさわしいものであった。

「悠久の大和」は、暴君・武烈天皇の死後、断絶の危機に瀕した皇統を、大連・大伴金村が越から継体天皇を迎え、これを乗り切る姿を描く。しかし一方で大和の保護領として連合体を築いてきた任那もまた、百済への四県割譲、新興国・新羅の侵攻で滅亡の危機に瀕する。三韓政策が転換を迫られる中、筑紫では磐井の乱が勃発。その危機をうまく乗り切るが、その後、物部尾輿と結んで台頭した蘇我稲目により、金村は失脚。蘇我氏と仏教をめぐり物部氏が対立を深め、蘇我氏が実権を握ってゆく。(作者は、かなり大伴金村を高く買っている)

いよいよ、次巻より蘇我馬子そして聖徳太子登場。

« 水滸伝MAP 届く | トップページ | ハイビスカスゴルフクラブ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/21484703

この記事へのトラックバック一覧です: 民族の雄飛・悠久の大和:

« 水滸伝MAP 届く | トップページ | ハイビスカスゴルフクラブ »