フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 朝からモーツァルト ~ モーツァルトを語る 第54弾 | トップページ | わが国家成る »

2008年7月11日 (金)

2つのヴァイオリン ~ モーツァルトを語る 第55弾

金曜日であるが、早くの帰還。今夜は、アマデウス・ナイトでいこう。

第55弾は、「二つのヴァイオリンのためのコンチェルトーネ ハ長調 K.190(186e)」。この曲は2つのヴァイオリンの他にオーボエとチェロも独奏楽器として使われており、特にオーボエが魅力的である。{二つのヴァイオリンとオーボエとチェロのための・・}でもいいかもしれない。2・3楽章は、チェロ協奏曲のような場面も。コンチェルトーネとは「大協奏曲」という意味であるが、「協奏交響曲」とは別に、協奏曲と交響曲の中間的なジャンルで、北イタリアからオーストリアにかけての地域で愛好されていたという。

第1楽章Allegro spiritoso ハ長調
第2楽章Andantino grazioso ヘ長調
第3楽章Tempo di menuetto, Vivace ハ長調

[ 編成 ] 2 violins, 2 violas, violoncello, bass, 2 oboes, 2 horns, 2 trumpets

アマデウス・ナイト1曲目としては、軽快にしてさわやかな曲調で最高ではないだろうか。2曲目は、この流れだと、K364になりそうです。

このK190は、やはり隠れた名曲だと思う。

それでは、第2楽章をお聴きください。

kv_190_ii. Andantino grazioso (クリック)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ ←こちらもクリックお願いします。

« 朝からモーツァルト ~ モーツァルトを語る 第54弾 | トップページ | わが国家成る »

Mozart」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/22226814

この記事へのトラックバック一覧です: 2つのヴァイオリン ~ モーツァルトを語る 第55弾:

« 朝からモーツァルト ~ モーツァルトを語る 第54弾 | トップページ | わが国家成る »