フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ブーリン家の姉妹 | トップページ | 日本でいちばん長い日 »

2008年11月13日 (木)

日輪の遺産

Photo 浅田次郎「日輪の遺産」を読む。

帝国陸軍がマッカーサーより奪い、終戦直前に隠したという時価200兆円の財宝。老人が遺(のこ)した手帳に隠された驚くべき真実が、50年たった今、明らかにされようとしている。

この紹介文を見た時、アドベンチャー風の推理物だと思っていた。まさか涙する小説であったとは・・・・

マレーの虎「山下奉文将軍」の財宝伝説を題材に、終戦時の真実の愛国心、真の教育者の姿がそこに描かれている。軍人としての使命と人間としての倫理の狭間で揺れ動く心。当時と現代(10年位前)を織り交ぜて進む物語に思わず吸い込まれていった。最後まで読んで、そこにあった真実の「遺産」とは何であるかを考えさせられた。是非ご一読を!

日教組の方々は特にといいたい。

« ブーリン家の姉妹 | トップページ | 日本でいちばん長い日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/25300016

この記事へのトラックバック一覧です: 日輪の遺産:

« ブーリン家の姉妹 | トップページ | 日本でいちばん長い日 »