フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 王道の樹 | トップページ | 広島といえば »

2009年2月 7日 (土)

運命

Photo_3 田中芳樹「運命」を読む。本章は、明治の文豪 幸田露伴の原作を下に書かれている。この名作は、・・・世おのづから数といふもの有りや。 有りといへば有るが如く、無しと為せば無きにも似たり・・・で始まる名文として有名だ。

1398年、明の太祖洪武帝が崩御したあと、22歳の建文帝が即位した。心やさしく、気弱な若き皇帝の地位をかためんとする側近たちは、実力のある皇帝の叔父たちを追いつめる。やがて、叔父のひとり燕王(後の永楽帝)がおこす「靖難(せいなん)の役」。中国悠久の歴史の中で、皇帝の座をめぐり、甥と叔父との激烈な戦いがはじまる。

短いが、かなりおもしろかった。是非ご一読を!

« 王道の樹 | トップページ | 広島といえば »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/27932145

この記事へのトラックバック一覧です: 運命:

« 王道の樹 | トップページ | 広島といえば »