フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 宇佐神宮 | トップページ | 神社仏閣に隠された古代史の謎 »

2009年8月16日 (日)

妻垣神社

123a
古びた鳥居が、何かを隠さないがためにたたずんでいる。当社を『日本書紀』(巻三)の「一柱騰宮(アシヒトツアガリノミヤ)(『古事記』では「足一騰宮」と表 記)とする伝承がある。日向から大和を目指して東征する神武天皇がこの地に至ったおり,一帯を治める菟狭津彦(ウサツヒコ)と菟狭津媛(ウ サツヒメ)が「一柱騰宮」を造って天皇を饗応したとある。(私は、スサノオとムカツヒメが暮らしていたという説に興味がありその方がロマン溢れると考えるが)
124a
現在の祭神は,比咩大神(玉依媛命),応神天皇,神功皇后の三柱である。よってご神紋は「三つ巴」紋。
127a
暑い夏の昼下がり、一人で古代に想いを巡らせるのも楽しい。

« 宇佐神宮 | トップページ | 神社仏閣に隠された古代史の謎 »

旅行・地域」カテゴリの記事

神社(九州)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/34830486

この記事へのトラックバック一覧です: 妻垣神社:

« 宇佐神宮 | トップページ | 神社仏閣に隠された古代史の謎 »