フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 神社仏閣に隠された古代史の謎 | トップページ | 祇園神社(宮崎) »

2009年8月23日 (日)

役小角 仙道剣

Ennoozunu 黒岩重吾著「役小角 仙道剣」を読む。役小角は、奈良時代の呪術者である。実在の人物だが、伝えられる人物像は後の伝説によるところが大きい。仏法を厚くうやまった優婆塞<うばそく>(僧ではない在家の信者)である。通称を役行者(えんのぎょうじゃ)と呼ばれ修験道の開祖とされている。葛城山の地を牛耳る「鴨氏(賀茂氏)」の出である。

役小角は、厳しい律令制度に虐げられる人々を救うために、異能を駆使して権力者に立ち向かう。鬼神の如き活躍を慕って多くの弟子たちが葛城山中に集結、遂に一大勢力の中心となった役小角を狙って、時の権力者・持統天皇や藤原不比等、物部麻呂率いる刺客の群れが迫り来るが――。傑出したパワーで古代史に名を轟かせた異才の半生を描く古代ロマンの巨編。

« 神社仏閣に隠された古代史の謎 | トップページ | 祇園神社(宮崎) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/31071137

この記事へのトラックバック一覧です: 役小角 仙道剣:

« 神社仏閣に隠された古代史の謎 | トップページ | 祇園神社(宮崎) »