フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 水戸会 | トップページ | 2012 »

2009年12月12日 (土)

神々の乱心

1 2

松本清張の遺作にして未完の小説「神々の乱心」を何気に手に取り読んだ。

昭和8年。東京近郊。梅広町の「月辰会研究所」から出てきたところを尋問された若い女官が自殺した。自責の念と不審から「月辰会研究所」をマークする特高課第一係長・吉屋謙介。やがて渡良瀬遊水池から、2つの死体が……。自殺した女官の兄から、月に北斗七星の紋章が入った通行証を見せられた華族の次男坊・萩園泰之。「『く』の字文様の半月形の鏡」とは何か? 事件の背後に見え隠れする十数年前の「大連阿片事件」の影。「月辰会研究所」の謎を追って、物語は大正時代の満洲へ遡る。

« 水戸会 | トップページ | 2012 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/32663513

この記事へのトラックバック一覧です: 神々の乱心:

« 水戸会 | トップページ | 2012 »