フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 検見川神社 | トップページ | 御朱印帳 »

2010年2月20日 (土)

天を衝く~秀吉に喧嘩を売った男

Photo Photo_2 Photo_3 またまた、高橋克彦の作品を読む。『天を衝く』は戦国中末期の東北・南部の武将・九戸正実(くのへまさざね)を描いたものだ。優れた軍略で勝てる戦(いくさ)しかしないという九戸正実。相手の裏を読んだ緻密な戦略で、数々の戦いを制していく。作者は、時代と地勢が許せば、彼は信長と対等に争うことができた男と見ている。しかし南部家との内部の抗争が彼の出番を空しくする。そして、最後には豊臣の軍門に下った主家南部家に見切りつけ、東北平定 を目指す豊臣軍に負けを覚悟の悲壮な篭城戦を挑むのだ。作品を通じての正実兄弟を中心にした九戸党の結束の強さと武士としての潔さが強く印象に残る。かなりお勧めです。

« 検見川神社 | トップページ | 御朱印帳 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/33667163

この記事へのトラックバック一覧です: 天を衝く~秀吉に喧嘩を売った男:

« 検見川神社 | トップページ | 御朱印帳 »