フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 観蓮会 | トップページ | 葬られた王朝 »

2010年7月17日 (土)

紅嵐記 上中下

1

2

3

藤 水名子著「紅嵐記 上・中・下」を読む。元末の戦乱の時代を背景に、蒙古人、漢人の立場から歴史を描き、おもむろに明の太祖朱元璋が登場してくる。3冊もの分量があるのに、作者が何を意図としてこの物語を描きたかったのかみえてこなかった。私には残念な作品だ。

« 観蓮会 | トップページ | 葬られた王朝 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/35783630

この記事へのトラックバック一覧です: 紅嵐記 上中下:

« 観蓮会 | トップページ | 葬られた王朝 »