フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 多度大社 | トップページ | 義元謀殺 上・下 »

2010年9月20日 (月)

南宮大社

昨晩は、久しぶりにおいしい伊賀牛のヒレステーキを食べ満足。早速、四日市が渋滞になるまえに名古屋へ向かう。かみさんと娘は、今回の目的の一つ(これが一番か?)、名古屋劇団四季の「オペラ座の怪人」に。私は、この時間を利用してまずは、美濃一之宮「南宮大社」へ。関ヶ原は南宮山の鬼門北東麓に鎮座している。
155
ご祭神は「金山彦命」。鉱山・金山など、鉱物をつかさどると神いわれている。『延喜式』には「仲山金山彦神社」と記載されている。まずは、楼門が迎えてくれる。
158
楼門をくぐると舞殿。その背後に拝殿。
161
ご神紋は「三つ巴」。本殿は、「南宮造り」といわれる「権現造り」のようだ。珍しく千木・鰹木がないのが特徴。
164
南宮とは?そもそも製鉄炉や鍛冶場の四方を取り囲む押立柱(おしたてはし)のうち、南方の柱を特に重要視していたためといわれ「南方の宮」=「ミナカタノミコト」で、諏訪大社が南宮といわれる所以だ。

« 多度大社 | トップページ | 義元謀殺 上・下 »

神社(東海)」カテゴリの記事

コメント

すっかりごぶさたすみません!

なかなかすごい神社ですね。
東海以西には立派なお社が多いのでしょうね・・・

ご無沙汰です。秋には、諏訪・戸隠にいこうと思っています。神紋が趣味なんてと、かみさんにバカにされております。「やっぱりパパは変人ね。」「マンホールのよりいいだろう。」と口答えしているのですが・・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/36883539

この記事へのトラックバック一覧です: 南宮大社:

« 多度大社 | トップページ | 義元謀殺 上・下 »