フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 神社いろいろ | トップページ | 諏訪大社 下社 »

2010年10月24日 (日)

千葉の神社の分布?

以前参拝した「麻賀多神社」。この麻賀多という言葉に何か引っかかるものがあり、調べている。
そもそも千葉の南は、安房の国で安房一之宮である「安房神社」「洲崎神社」のご祭神は、忌部氏の祖。安房は、四国(阿波)の忌部氏が海を渡って住み着いたと言われており、その名がついた。忌部氏はここで麻を栽培する。このとき良質の麻が成長したところを総(ふさ:麻の古語)の国といい、阿波斎部が住んだところを安房と名づけたといわれている。総の国は都に近い方が上総、遠い方が下総と呼ばれた。だから千葉は、安房国の「房」と上総国、下総国の「総」を組み合わせて「房総」と呼ばれている。
さて、千葉にしかない「麻賀多神社」。忌部氏は、出雲の玉造で「勾玉」を造る集団でもありました。千葉の印旛沼(忌部からきているだろう)の南に「麻賀多神社」は数多く存在する。そしてこの地にしかない。麻賀多は、勾玉からきているのであろうか。勾玉に関係した忌部氏の集団がこの地に住み着いたのではないだろうか?それとも麻を多く奉げたという意味なのか?いずれのしてもおもしろい。

しかしそれだけでなく千葉には神社のおもしろい分布があった。

より大きな地図で 千葉~鳥見神社・宗像神社・麻賀多神社 を表示
上の地図。南に拡がる赤マークが「麻賀多神社」(駒形(小麻賀多))含む。中央の黄マークが「宗像神社」。北の青マークが「鳥見神社」。見事に地域を分けて分布している。「鳥見」は、ニギハヤヒを祀る物部氏の領域。「宗像」は海洋族。九州の遠賀川流域を地盤としていた物部と宗像がはるか千葉の地に腰を下ろしたものと思われる。東の香取・鹿島の地も物部の領域だったことを考えると千葉は、古くは出雲系の支配地であったことがわかる。これから色々調べてみたい。

来週は、諏訪・戸隠に参拝にいきます。楽しみです。

« 神社いろいろ | トップページ | 諏訪大社 下社 »

神社(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/37367759

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉の神社の分布?:

« 神社いろいろ | トップページ | 諏訪大社 下社 »