フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 千葉神社 | トップページ | テンペスト1-4巻 »

2010年12月 4日 (土)

風の陣 4巻まで

Photo_2 高橋克彦著「風の陣」がPHP文芸文庫より発売となった。現在は、4巻までの、「立志・大望・天命・風雲」。烈心待ち切れずに読み始めたが、いつも通りあっと言う間のおもしろさで読了。 アテルイが主人公の「火怨」へつながる,八世紀中頃の黄金発見に端を発する奥州動乱と、中央政界の血腥い権力抗争を描く大河ロマンだ。「橘奈良麻呂の乱」、「恵美押勝の乱」「怪僧・弓削道鏡の御託宣事件」を蝦夷たちの闘いとして描く。「火怨」中で、蝦夷を影で支える物部の頭領、物部天鈴をして、 「蝦夷にとっては口にするのも憚られる名となったが、いつかは分かる。あの男がなにをのぞみとしていたかがな。」と言わしめた男、道嶋嶋足が本編の主人公となる。

さて、ひとつおもしろいのは、この小説は、すべて「風」のつく章に分けられていることだ。50近い「風」が登場する。日本には、如何に風のつく言葉が多いのだろうと思う。そして日本人は如何に「風」というものを様々な表現をしてきたかわかる。

5巻の「烈心」いつ文庫になるのでしょう。

« 千葉神社 | トップページ | テンペスト1-4巻 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

もう見ました、とても好きです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/37951132

この記事へのトラックバック一覧です: 風の陣 4巻まで:

« 千葉神社 | トップページ | テンペスト1-4巻 »