フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 利根川沿い 水神社 | トップページ | 打ち納め(ゴルフ) »

2010年12月19日 (日)

甘粕正彦 乱心の曠野

Photo_2 佐野眞一著「甘粕正彦 乱心の曠野」を読む。

book“主義者殺し(大杉栄)”の汚名を負って満州に渡り、策謀渦巻く闇世界に君臨した男の比類なき生涯。湯水のごとき資金源の謎、地下茎のように絡み合う人脈、そしてその自死とともに葬られたはずの大杉事件の真相と“帝国”の「負の近現代史」を新資料、新証言で炙り出す。従来の甘粕像をことごとく覆す、衝撃の大河ノンフィクション。

読む前は、小説だとばかり思っていたのだが、ジャーナル的なノンフィクションの本であった。昭和初期の「妖怪」とまで言われた甘粕。ラストエンペラーで登場してその人物を知ったが、どういう生涯を送ったのかわからなかったので関心があった。丹念な取材と資料調査で追った労作であった。

« 利根川沿い 水神社 | トップページ | 打ち納め(ゴルフ) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/38134824

この記事へのトラックバック一覧です: 甘粕正彦 乱心の曠野:

« 利根川沿い 水神社 | トップページ | 打ち納め(ゴルフ) »