フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 天空の舟 上・下 | トップページ | 小見川東急GC »

2011年7月 9日 (土)

小説 平将門

Photo童門冬二著「小説 平将門」を読む。book栄華を誇る摂政関白・藤原忠平に仕えていた平将門は、猟官に明け暮れる生活に嫌気がさし、美しい湖水に囲まれた故郷の東国へ帰って行く。だが、そこには父祖の地を奪おうとする親族たちが待っていた。彼らを相手に苛烈な戦いを展開する将門を支えたものは、中央から独立し、理想の王国を築こうとする燃えるような熱情であった。夢を追い求め、純粋に突き進む風雲児の悲劇の生涯を描く長編。
将門をこんな風に書くのか?かなり違和感が強い。童門氏は、小説はいまいち。


« 天空の舟 上・下 | トップページ | 小見川東急GC »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ご参考に 新刊『真・将門記』
平将門の戦闘の記録『将門記』を基に、真(まこと)の将門の姿を世に伝える書。一千年の時を超えて、いま、将門からのメッセージが届く。小説の形をとった真実の書を出版。。書店で立ち読みでも、ご参考なれば幸いです
11/7/10 発行ページ 236p 四六判 上製本  著者 山本かずこ
定価 一七〇〇円  ミッドナイトプレス刊

ありがとうございます。さっそく読んでみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/40736261

この記事へのトラックバック一覧です: 小説 平将門:

« 天空の舟 上・下 | トップページ | 小見川東急GC »