フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

鷲(おおとり)神社~浅草

01
酉の市(11月)で賑わう前の「鷲神社」に参拝。ご祭神は「天日鷲命(あめのひわし)」忌部氏の祖神である。別の名を「天日鷲翔矢命(あめにひわしかけるやのみこと)」。
02
鳥居には、鷲宮の額束。
03
境内は、酉の市の準備にかかっていた。
05
神紋は、月星紋・九曜紋のようです。
07
こちらは、鷲(イーグル)ということで、ゴルフのお守りが置かれていました。2000円。買ってしまいました。マーカー付きです。キャディーバックにつけて今後プレーしたいと思います。

さて、おおとり神社には「大鷲」「鷲」と書く神社と、「大鳥」と書く神社がある。どちらも日本武尊がかかわっているわけだが、「鷲」の字の神社は「天日鷲命」が主祭神で、「大鳥」の字の神社は日本武尊が主祭神となっているようだ。


2011年10月29日 (土)

紀文大尽舞

Photo_2米村圭伍著「紀文大尽舞」を読む。
book紀伊国屋文左衛門の一代記を書こうとする戯作者見習のお夢を主人公とした、ユーモア時代ミステリー。紀文の企み、大奥での権力抗争、吉宗と紀州藩の暗躍、将軍継承をめぐる暗闘……。お夢の活躍で次々と驚くべき話が明らかになっていく。堀に突き落とされ泥に埋まって溺れそうになったお夢を助けるのが、紀州藩士倉地仁左衛門(『風流冷飯伝』シリーズでおなじみのの倉地政之助の祖先)とその手先のむささびの五兵衛。そして、大久保彦左衛門と名乗る老旗本。紀文の愛妾三浦屋几帳や娘明夜、幇間二朱判吉兵衛、大奥の天英院やお附きの女中志賀ら、多彩な人物がトンデモナイ物語にしていく。

戯作者となるという夢目指して一直線の主人公が、紀文の半生を追ううちに、彼が目論む巨大な陰謀の正体に気付き、仲間とともにそれに挑むが・・・・時あたかも六代家宣から七代家継を経て、八代吉宗へと将軍の座が転々としていく時期。お夢が首を突っ込んだのは、まさにこの将軍継承の舞台裏であった。さて如何にてんかいしてゆくものか・・・。


闘将伝 立見尚文

Photo中村彰彦著「闘将伝 立見尚文」
を読む。
book佐幕派最強と謳われた桑名藩雷神隊を率いて戊辰戦争を戦った立見鑑三郎。鳥羽伏見から越後口まで転戦し、冷静な分析、的確な判断、大胆な攻撃で劣勢を勝ち戦に転じさせた名将である。温和な物腰に武士の気概を併せもち、官軍を相手に一歩も退かなかった。戊辰戦争で親しい友と実弟を亡くした鑑三郎は、維新後、賊徒の汚名を雪ぐべく西南戦争で新撰旅団を率いて采配を振るう。その後、日清・日露の両戦役でも用兵に優れた才を発揮し、陸軍大将にまでのぼりつめた。不屈の闘志で激動の人生を疾駆した男の生涯を雄渾な筆致で描く歴史長編。

2011年10月23日 (日)

ゴルフ場の相性・パートナーの相性

Omigawa9
今日は、大学の先輩との第14回こまくさ会ゴルフ。いつものように「小見川東急ゴルフクラブ」にてプレー。このゴルフ場は、本当に相性がいいのだろう。今日は、ドライバーもアイアンもパターも、どれをとっても全く不調という感じで、今ひとつしっくりこない一日だった。しかし終わってみれば、43:44=87。こういうこともあるのか。また、先輩3人と回るとリラックスできるのだろう。スコアもいつもまとまる。このような相性は大事にしたいものです。

2011年10月22日 (土)

ヤマダチの砦

Photo_2中谷航太郎著「ヤマダチの砦」を読む。
book飛騨の小大名・山谷藩江戸家老の三男・苗場新三郎。育ちはよく背が高く逞しい肉体、そして端正な風貌なれど、品性下劣な戯け。ある日、父に使いを頼まれ、京へ出立した。箱根の峠を過ぎた時、ヤマダチ(山賊)一味に取り囲まれるが、その窮地を救ったのは屈強な若者。彼は山から山へと渡り歩く民だった。そして山賊の襲撃にはある陰謀が……。
完全な娯楽活劇小説です。

鷲は舞い降りた 完全版

Photoジャック・ヒギンズ著「鷲は舞い降りた」を読む。
book鷲は舞い降りた!ヒトラーの密命を帯びて、イギリスの東部、ノーフォークの一寒村に降り立ったドイツ落下傘部隊の精鋭たち。歴戦の勇士シュタイナ中佐率いる部隊員たちの使命とは、ここで週末を過ごす予定のチャーチル首相の誘拐だった!イギリス兵になりすました部隊員たちは着々と計画を進行させていく…使命達成に命を賭ける男たちを描く傑作冒険小説―その初版時に削除されていたエピソードを補完した決定版。

単なる冒険小説というだけではなく、キャラクターのおもしろさ、アクションの切れ、どれをとっても第一級ストーリーといえよう。書評家の茶木則雄によれば、本書を冒険小説の“東の横綱”。“西の横綱”はケン・フォレットの『針の眼』としている。誇り高き戦士という側面、人間の本源的な側面での行動が物語の品格を引き上げております。いやー。さすが名作でした。

2011年10月16日 (日)

箱根の坂 上・中・下

Photo_2司馬遼太郎著「箱根の坂 上・中・下」を完読。
book(上)応仁ノ乱で荒れる京都、室町幕府の官吏伊勢氏一門の末席に、伊勢新九郎、後の北条早雲が居た。家伝の鞍作りの明け暮れ、毒にも薬にもならぬ人間で、生涯を事なく送ることが望み、と考えていた新九郎の許に、妹分の美しい娘、千萱が訪ねて来て――。激動する時代と共に自分の生き方を変えてゆく早雲。
(中)守護今川義忠の死による混乱を鎮めるため、早雲は駿河に下り、嫡子竜王丸を後見することになる。室町幕府の力は無きに等しく、国人、地侍たちが力を示し始めた大きな時代の変化を、鋭く先取りした早雲は、天性の智略で彼らの信望を得、見事に政敵を退けた。有名な、北条の治世の土台を築いた早雲。
(下)関東制覇をめざして、先ず伊豆を切り取った早雲は、越えがたい箱根の坂を越えて、ついに小田原攻略に成功した。まさにこの時、戦国の幕が切って落されたのである。伝統的教養と近代的領国経営方で関東の覇者となり、治世の理想を実現させ、歴史を変えていった男、北条早雲を描く傑作長編小説

 

2011年10月15日 (土)

高校同期ゴルフ会 第3回

Photo
今日は、軽井沢にて第3回高校同期会のゴルフコンペ。場所は、「三井の森軽井沢カントリー倶楽部」。初の軽井沢でのゴルフだ。今週初めより、大雨の予報だったが、結局、一滴も降らずにゴルフを楽しんだ。またしてもスーパー晴れ男ぶりを発揮。さてディフェンディングチャンピオンとして臨んだものの、ここは、グリーンが強烈に早く、自慢のパットが精彩を欠く。なんと37パット。お陰で4ラウンド連続の80台はならず、45:45=90。狭いFWにも悩まされました。
優勝は、H氏。同期の懇親を最も務めてくれている立役者。皆、万雷の拍手で優勝をお祝いしました。
この日は、ここぞのドライバーとアイアンのお陰で、ドラコン1,ニアピン2をGET。3位となりましたが楽しいコンペでありました。往復は新幹線ということで、久しぶりにお酒を飲めるパーティーと、新幹線の中での酒飲にて、いい気分で帰宅致しました。先輩の紹介ということで安いプレー代で回ることができたことも感謝いたします。


2011年10月 9日 (日)

花と炎の帝 上・下

Photo隆慶一郎の遺作「花と炎の帝」を読む。「死ぬことと見つけたり」同様途中にて終わっている作品。

book表題の「帝」とは後水尾天皇。家康・秀忠との確執を描いています。後水尾天皇は16歳の若さで即位するが、徳川幕府の圧力で2代将軍秀忠の娘、和子(まさこ)を皇后とすることを余儀なくされる。「鬼の子孫」八瀬童子の流れをくむ岩介ら“天皇の隠密”とともに、帝は権力に屈せず、自由を求めて、幕府の強大な権力と闘う決意をする……。

絶筆なのが残念。天皇を呪禁師ととらえ、文化を統べる者とした着眼点に面白さを感じます。徳川の天皇への権威の失墜を狙う執拗なまでの画策に、八瀬童子、佐助と才蔵、風魔一族などのキャラクターが挑む、痛快伝奇時代小説。いやー是非最後まで書き上げてもらいたかったです。


2011年10月 8日 (土)

石岡ゴルフ倶楽部

Gc
今日は、水戸会。「石岡ゴルフ倶楽部」にてプレー。久しぶりに<やらかし男>のI氏も名古屋から加わった。さっそく2番ホールでは、S君のドライバーでティーショット。ふつう間違って抜いたにしても構えた時には気がつくでしょう!!そんなI氏はゴルフ大好き。でも向上心なしの練習ぎらい。今日も105を叩き、すでにライバルではない。さて、石岡GCですが、まず練習場は無料。ボールが打席にセットしてあります。何球打っても構いません。アプローチ練習場もありでなかなかの充実ぶりでした。コースも森の中の美しいコースでした。以前水戸にいながら一度も廻ったことがなく(水戸界隈は安いゴルフ場がたくさんあるので当時手が届かなかった)、初ラウンドですが、是非また行きたいです。さて、今回はドライバーが復調。ほとんどフェアウェイをキープ。しかしアイアンが掴まらない。バンカー地獄苦しみました。しかし、このところのパットの好調さで(ありがとうホワイトアイス!)なんとか46:43=89と3ラウンド連続80台。しかし千葉から成田-稲敷経由-石岡は2時間のドライブ。さすがに疲れました。


2011年10月 2日 (日)

歳三の首

Photo_2藤井邦夫著「歳三の首」を読む。
book土方歳三が五稜郭において銃弾に斃れた。しかし、その首を見た者はいない…。新撰組二番隊組長永倉新八、激動の時を疾る。

旧幕府脱走軍陸軍奉行並だった土方歳三は、函館奪還と守備隊救援のために部下を率いて出撃した。そして、五稜郭と函館の間にある一本木関門で新政府軍と激戦になった。そこに一発の銃弾が鳴り響き、歳三は腹を撃ち抜かれて落馬し、新撰組副長土方歳三は三十五歳の生涯を閉じた。その後、歳三の死体は、部下によって葬られたとされている。だが、その場所が何処かは正確に知る者はいない。

それを題材に、描き上げた痛快娯楽小説。


空白の桶狭間

Photo加藤廣著「空白の桶狭間」を読む。
book今川義元の不気味な触手が尾張へ伸びる! 相互不信と玉砕主義が蔓延する織田家中。剛毅に振る舞う主君でさえも、内実は判断停止と若き秀吉は見抜いていた。恃みはもはや、我が血統が受け継ぐ秘密のみ。秀吉一世一代の密約を容れ、“影の人々”が暗躍する――。大胆な発想で桶狭間の戦いのウラを読む、驚異の歴史ミステリー誕生。

秀吉を「山の民」とする著者独自の展開でおもしろい。


2011年10月 1日 (土)

捨て童子 松平忠輝 上中下

Photo_3龍慶一郎著「捨て童子 松平忠輝 上中下」一気に読破。book誕生直後に捨てられ「鬼っ子」と呼ばれながらも、己れの力で生きる道を切り開いてゆく。徳川家康の六男として生まれ、恵まれた才能により徳川家の後継者に挙げられながらも、徳川家康は徳川家のために見捨てるしかなかった異彩の鬼・松平忠輝の波乱の生涯を、描いた作品です。
凡人のどんな逆境も逆境と思わず、剣、弓、体術、笛などとくに習ったこともなくても天稟の才を発揮し、医術を極め、ラテン語を操り、キリスト教徒でなくとも造詣が深くと、どれだけの才能があったのだろうかと思いを馳せます。
スーパーヒーローとしての忠輝。おもしろかったです。


« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »