フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 風の王国 | トップページ | 真剣 »

2011年11月23日 (水)

筑波山神社

001
筑波山神社を紅葉狩りを兼ねて参拝してきました。6:30出発で、8:20に到着。
一の鳥居の右横へ進む駐車場に車を止めて、まずは境内へ向かいます。
003
二の鳥居を過ぎると、まずは御神橋があります。でも祭りの時以外は渡れません。
006
正面には立派な随神門が見えてきました。
008
そして、大きな鈴をもつ拝殿。筑波山神社は、ここには拝殿しかありません。ここでご神体である「筑波山」を拝みます。では、本殿は?筑波山は男体山(871m)と女体山(877m)の2つの峰をもちそこに、それぞれご本殿があるんです。山容が双峰相並ぶ為、二神-男体山に伊弉諾尊(イザナギノミコト)、女体山に伊弉冉命(イザナミノミコト)が祀られているわけです。筑波山は延喜式内社にして名神大社(男神)小社(女神)です。
神紋は「丸に三つ葉葵」のようです。
011
随神門横の銀杏がこの季節は美しい。
014
境内も紅葉で趣があります。
さて、ここから山頂にある本殿へ向かいます。といっても登りは、ケーブルカーで8分。楽をしました。
015
ケーブルカー登り口もすでにかなりの標高で、霞ヶ浦がみえました。
↓の写真 中央右に光って見えるのが「霞ヶ浦」です
018
まずは、男体山本殿へ。15分ほどですが、かなりの岩場を乗り越えなくてはいけません。
020
一間社流造のようです。堅魚木は3本の奇数。千木も垂直(外削ぎ)。男神の本殿です。
そして女体山本殿へ。
034
こちらの堅魚木は2本(偶数)。千木は水平(内削ぎ)。女神の本殿です。
山頂からは、関東平野が360度一望できます。今日は天気もよく最高でした。
037
女体山からみる男体山も美しい。
042

さてここからが大変でした。「下りは楽だから歩いて降りよう」大間違いでした。延々と2700mの岩場での下りの下山。膝が・・・・ふだん歩き慣れない「かみさん」には酷でした。

再び、筑波山神社境内へ到着。まだ12時。水戸勤務時代によく食べた「けんちんうどん」をいただきました。
明日は私の51回目の誕生日ですから、50歳最後の行楽でした。

*心得をひとつ
お昼には、筑波山へ向かう車はかなりの渋滞でした。駐車するまでに、麓から1.5~2時間はかかりそうです。おでかけは早めに!「早起きは三文の得」です。


« 風の王国 | トップページ | 真剣 »

神社(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/43116212

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山神社:

« 風の王国 | トップページ | 真剣 »