フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 親鸞 上・下 | トップページ | 謎手本忠臣蔵 上・中・下 »

2011年12月 5日 (月)

宮城谷 三国志7巻

7

文庫本 宮城谷昌光著 「三国志7」。1年ぶりの発刊。随分と待っていたのだ。そして驚くことに今後も1年に1冊のペースだという。あまりのことに肌が粟だった。(北方風いいまわし)しばらく読まないと心に決めていた。でもやはり買ってしまう。そして読み始めたら結局1日で読んでしまう自分がいた。

book荊州において劉備の勢力が膨張している。孫権は本気で荊州を劉備に任せたのであろうか。北方にいる曹操の目には、両者は協調しているように映る。そして西方には馬超と韓遂がー熾烈な戦いを進める初老の曹操にとっていまや蔵月さえも障害になりつつある。建安二十一年、魏王となった曹操は、後継を誰にするか迷いの中にいた。・・・

劉備の蜀への侵攻。曹操の西涼の併呑などが描かれています。やはり細かな人物の外伝を丁寧に拾っていて、とてもおもしろいです。


« 親鸞 上・下 | トップページ | 謎手本忠臣蔵 上・中・下 »

三国志」カテゴリの記事

宮城谷昌光」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/43269999

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城谷 三国志7巻:

« 親鸞 上・下 | トップページ | 謎手本忠臣蔵 上・中・下 »