フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月22日 (日)

こむら返り

Photo
昨日はこの厳寒の中、ゴルフを楽しむ。野田市にある「紫カントリークラブ あやめ36コース」EASTコースでプレー。
元旦に買ったゴルフ用ダウンと耳を隠せるキャップ付きの帽子、12月に廻ったコースの「ワンオンチャレンジ」でもらったネックウォーマー。寒さ対策万全で臨む。しかし悲劇は待っていた。この季節、私にとっての大敵は「こむら返り」だ。後半3ホール目のショートホール。ティーショットでそれは起こった。「こむら」とは、文字通り「ふくらはぎ」のこと。急激に左ふくらはぎに痛みが走る。通常、芝に座って足を伸ばすのだが、今日は、霙(みぞれ)が朝から降った関係で下は濡れており座ることもできない。ひたすら、つりが引くのを立ったまま我慢する。少し収まりかけた所でなんとかカートへ。ここで足を伸ばし、事無きを得る。ここから、一打一打左足を庇いながら、奮闘。
スコアは、47:45=92。相変わらず、凡ミスのトリ2回で80台は遠い。霙は、昼食時に強く降っただけで助かった。コースは、平坦でオーソドックスなコースで是非また行きたい。


2012年1月21日 (土)

ミレニアム 2,3 上・下

23「ミレニアム 2 火と戯れる女」「ミレニアム 3 眠れる女と狂卓の騎士 」4冊を一気に完読。

book背中にドラゴンのタトゥーを入れた女性調査員リスベットにたたきのめされた彼女の後見人ビュルマン弁護士は、復讐を誓っていた。ビュルマンはリスベットの過去を徹底的に洗い、彼女を心の底から憎む人物を探し出した。彼はその人物と連絡を取り、リスベットを拉致する計画が動き始める。その頃、月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルらは、重大な決断をしていた。ジャーナリストのダグとその恋人ミアが進める人身売買と強制売春の調査をもとに、特集号を刊行し、書籍を出版することを決定したのだ。ダグの調査では、背後にザラという謎の人物がいるようだった。旅行先から帰ってきたリスベットもダグの調査を知り、独自にザラを追い始めた。だがその矢先、彼女の拉致を図る者たちの襲撃を受けた!。『ミレニアム』三部作の第2部。

book宿敵ザラチェンコと対決したリスベットは、相手に重傷を負わせたものの、自らも傷つき、瀕死の状態に陥ってしまった。現場に駆けつけたミカエルの手配で、リスベットとザラチェンコは病院に送られ、一命を取りとめる。だが、彼女の拉致を図っていた金髪の巨人ニーダマンは逃走してしまう。この事件は、公安警察の特別分析班の元班長グルベリに衝撃を与えた。特別分析班は、政府でも知る人の少ない秘密の組織で、ソ連のスパイだったザラチェンコの亡命を極秘裡に受け入れ、彼を匿ってきた。今回の事件がきっかけでそれが明るみに出れば、特別分析班は糾弾されることになるからだ。グルベリは班のメンバーを集め、秘密を守るための計画を立案する。その中には、リスベットの口を封じる卑劣な方策も含まれていた…三部作の最終篇。  

最後の2冊は止まらぬおもしろさ。今日はゴルフでしたが、昨夜3時まで読んでしまいました。


2012年1月14日 (土)

ミレニアム 1 ~ ドラゴン・タトゥーの女 上・下

1
待望の文庫本化で、「ミレニアム」三部作 読み始めました。 まずは、1を完読。スウェーデンを舞台に繰り広げられる大ミステリー。全世界で2100万部のベストセラー。これは読んでおかねば。作家のスティーグ・ラーソンは、出版前に他界しています。
book月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルは、大物実業家ヴェンネルストレムの違法行為を暴露する記事を発表した。だが、名誉毀損で有罪になり、彼は『ミレニアム』から離れることになる。そんな彼の身元を大企業グループの前会長ヘンリック・ヴァンゲルが密かに調べていた。背中にドラゴンのタトゥーを入れ、特異な風貌をした女性調査員リスベットの働きで、ヘンリックはミカエルが信頼に足る人物だと確信し、兄の孫娘ハリエットがおよそ40年前に失踪した事件の調査を彼に依頼する。ハリエットはヘンリックの一族が住む孤島で忽然と姿を消していた。ヘンリックは一族の誰かが殺したものと考えており、事件を解決すれば、ヴェンネルストレムを破滅させる証拠資料を渡すという。ミカエルは信頼を受諾し、困難な調査を開始する。


2012年1月 8日 (日)

初打ち

得意の「小見川東急GC」にて、大学の先輩方との初打ち。しかし、昨年末の45:48=93と全く同スコアにてがっくり。この日は、完全防備の防寒対策をして臨んだのだが、あまり寒くもなく風もおだやか。絶好の80台日和にもかかわらず、前半のカチカチのグリーン、苦手のバンカーなどが襲いかかる。パーを5つも拾いながら、ショート4つで9オーバーが大きく響いた。次回以降の巻き返しを誓いたい。

大戸神社~香取神宮境外第一末社

001
ゴルフの前に参拝。香取神宮第一末社「大戸神社」。大栄ICから車で5-6分。老尾神社と共に、香取神宮大禰宜家香取氏が祀官として祭る神社。ご祭神は「天手力男命」である。しかし『日本地理志料』では天島船命、とし、また、『下總國舊事考』において清宮秀堅は「天島船命荒魂」であるべし、としている。たぶんこちらが正解かなと思う。

息栖神社(天島船命)-香取神宮-大戸神社は、東西一直線。この位置関係からして天島船命がしっくりきます。
014
拝殿は南面しており、朝日を浴びて美しい。社紋・神紋は当然香取神宮と同じ「五七の桐」と「三つ巴」。
004
本殿は、朱色の壁が鮮やかな三間社流造のようです。
012
本殿後方にご神木が並び(一番左は夫婦杉)、県社ならではの格を感じさせる神社でした。


015

ちなみにこの日の参拝は、朝7:40。手水舎の水が凍っていました。

諏訪神社(佐原)

039
街の路地に一の鳥居がある。
016
境内は、佐原の西の小高い丘に。
天慶の乱(天慶2年・939年)に大神惟希が伊予国の藤原純友を討った功績により下総国大須賀領主に任ぜられ、領国鎮護の神として信濃国より勧請。
天正年間に領内農民が佐原を開発するにあたり奉遷。また佐原の開発に携わった伊能家が氏神として伊能村(大栄町)より勧請ともされる。
017
参道を歩いていゆくと、急激な階段が待ち受ける。(127段です)
019
拝殿のいたる所に神紋である「諏訪梶紋」が。
そして龍神らしく、正面に龍の彫り物。
023
本殿は、一間社流造です。
030


八坂神社(佐原)

040
本日、三社目は佐原 八坂神社。風変わりな本殿を撮影したくて参拝。
佐原地方に疫病が大流行したときに霊験のある牛頭天王を勧請したことにはじまるという。もちろん御祭神は素戔鳴命(すさのおのみこと)。
043
下の写真が、拝殿-本殿。一体何造りなのでしょう。
051
おもしろい。


2012年1月 7日 (土)

海王 上・中・下

Photo
昨年 中巻を読んだ所で終了。(150冊完読)
今年最初の読書は、宮本昌孝著 剣豪義輝の続編である「海王」。

剣豪将軍・足利義輝の遺児、海王の「情」と「義」を貫く清爽な生き様を「縦糸」に信長をはじめ、秀吉、家康といった武将たち、伊藤一刀斎、柳生石舟斎、神子上典善、小野善鬼といった剣豪、服部半蔵といった忍び等の絡み合いを「横糸」に数奇な運命に翻弄される人々を活写し、物語は息つく暇なく展開し、手に汗握る面白さは、汲めども尽きない「ロマン」の世界である。


2012年1月 4日 (水)

靖國神社参拝

Photo_2

今年も、靖国神社に初詣。本殿での公式参拝です。出店には、いろいろなB級グルメ店が並んでいました。これは最近のはやりなのでしょう。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »