フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« MOZART CD | トップページ | 将軍の星 »

2012年3月 4日 (日)

銀漢の賦

Photo葉室麟著「銀漢の賦」を読破。
book寛政期、西国の小藩である月ヶ瀬藩の郡方・日下部源五と、名家老と謳われ、幕閣にまで名声が届いている松浦将監。幼なじみで、同じ剣術道場に通っていた二人は、ある出来事を境に、進む道が分かれ、絶縁状態となっていた。二人の路が再び交差する時、運命が激しく動き出す。

記憶の残る言葉があります。「花の美しさは形にありますが、人の美しさは覚悟と心映えではないでしょうか」
「銀漢」というのは、夜空にかかる天の川のことです。それと同時に、理想と矜持をもって生き抜いていく男たちの生き様を指す言葉として使われています。

しみじみ良い作品dした。

« MOZART CD | トップページ | 将軍の星 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/44365105

この記事へのトラックバック一覧です: 銀漢の賦:

« MOZART CD | トップページ | 将軍の星 »