フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

伊佐須美神社(岩代国一の宮)

078
会津若松の西はずれにある「伊佐須美神社」を参拝。ご祭神は、伊弉諾尊・伊弉冉尊。そして天皇の勅命を受けた四道将軍のうち、北陸道を進んだ大毘古命と、東海道を進んだ建沼河別命を祀る。そもそも、「会津」の名の由来は、大毘古命と建沼河別命が出会った場所ということで「相津」と名付けられ現在の「会津」となってる。

082
楼門があり左右に大毘古命と建沼河別命の像が立っていた。


084
拝殿は現在は仮。実は、2008年10月3日に火事が起き、拝殿授与所が焼失。更に同月の29日にも出火し、本殿・神楽殿・神饌所などが全焼しているのだ。2013年再建予定のようです。


086

よつて拝殿後方は広い空間が。その後方に桜の木が。桜といえば、当社のご神木は「薄墨桜」
083
残念ながら、葉桜へなりかけておりました。あやめ苑も有名みたいです。


陸奥国一の宮 石都都古和氣神社

陸奥国一の宮が福島には3つある。その一つが石都都古和氣神社
01
主祭神は、味秬高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)。当社は八幡山と呼ばれる山の頂上にあります。永承6年(1051年)、源有光が源義家の安倍一族追討の軍に加わって功績を挙げ、代官として石川の地を賜った。有光は康平6年(1063年)にこの地に移って名を石川有光とし、八幡山山頂の当社東側に三芦城(石川城)を築城。その蹟も見ることができます。
境内までの参道には、たくさんの巨石群がありました。


06_208_2
神紋は「三つ巴」。
21
本殿は、流造です。本殿を守る為に枠組みが施されているようです。


16

社務所は、一の鳥居の右手に3件目くらいにありました。


陸奥国一の宮 馬場都都古別神社

都都古別神社は2つあります。馬場と八槻大宮にある。現在はどちらも国幣中社。延喜式神名帳で名神大社。
120
都都古和氣神社と書かれていました。
122
随神門には、陸奥国一宮の文字が。主祭神は、味耜高彦根命〔あじすきたかひこねのみこと〕です。
125
神門の奥に、また鳥居が。
126
古びた神社ですが、緑に囲まれ静謐です。
128
こちらの神紋は「鳳凰に桐」と大変珍しい紋です。
135
本殿は美しい三間社流造でした。

陸奥国一の宮 八槻都都古別神社

最後に訪れたのは、「八槻都都古別神社」。
139
こちらも、味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)が主祭神。日本武尊を配祀しています。社伝によると、日本武尊が東征のおり、八溝山の夷族の大将と戦い、勝敗がつかず、そこに、面足尊、惶根尊、事勝國勝長狭命の三神が出現。味耜高彦根命の鉾を授けた。日本武尊は、その鉾を、今の鉾立山に立てかけ、東に向かって矢を放ち、矢の到達した場所に社殿を立て、味耜高彦根命を祀り、その加護により勝利をおさめたという。

141
朱の随神門が印象的です。こちらの額には「奥州一宮」の文字が。
142
随神門の天井に龍が描かれており、神紋もありました。「丸に2つ引」のようです。
143
拝殿も朱色で美しい。
144
本殿は、流造でしょう。唐破風の向拝付です。立派。
148


2012年4月29日 (日)

福島ドライブ 三春滝桜

GW前半のメインは、福島へのドライブ。夜中1時出発で「三春」へ。武石から成田。北上し稲敷から常磐道へ。明け方4時40分に三春船方ICに到着。コンビニでオニギリを買って車中で朝食。5時、コンビニ前を滝桜へ向かう車がガンガン通り過ぎる。さすがに皆早い。こちらも負けずに出発。なんと850台収容の駐車場はほぼ満車。恐るべし「滝桜」。
004
圧倒的な存在感。ちょうど朝日が差し込んできました。
008
周囲を回りながら撮影。しかし凄い人の数。脚立の俄カメラマン達が滝桜を囲む。なるべく人が写らないように撮影するのも一苦労だ。
021
満開の「滝桜」。日本三大桜だけあります。早起きはやはりお得。「滝桜」を後にする6時には既に大渋滞がはじまっていました。「滝桜」へ向かう方はとにかく少しでも早くお出かけを。
026
滝桜近くにの湖。この日は霧が降りていてなにか幻想的なのでパチリと撮影しておきました。
027


福島ドライブ 磐梯吾妻スカイライン

三春を後に、次に向かったのは「磐梯吾妻スカイライン」。まず高速で福島西ICまで向かいます。途中、東吾妻山が見えてきます。火口外輪もハッキリ見えました。
031
なんという景色でしょう。まだ雪を冠っている赤土の岩肌。
041
「浄土平」から吾妻小富士外輪へ登ってゆきます。
045
雪の回廊もまだ見れました。
047
平均標高1,350mを彩る絶景に感動。車はスカイライン・レイクライン・ゴールドラインを抜けて会津若松方面へ進みます。現在、3本の有料道路はすべて無料開放中。3230円得しました。
049
磐梯山が見えてきました。
056
猪苗代湖も遠くに見えます。

福島ドライブ 会津若松 鶴ケ城 桜満開

次のお目当ては満開の「鶴ケ城」。とにかくすばらしいの一言。人生一番のお花見でした。

060
三の丸口へ向かう外堀にもたくさんの桜。この時点で感動。
063
そして天守閣と桜。似合います。とくに赤瓦の天守が美しい。


066

070


075


「絵になる」とはまさにこのこと。思わず何枚も撮ってしまいました。

ちなみに、「鶴ケ城」は、元は葦名氏が築いた黒川城。それを蒲生氏郷[がもううじさと]が戦国期・1593年(文禄2)に築城し、「鶴ケ城」と名づけました。加藤嘉明の代に改築、現在の姿に。戊辰戦争後に明治政府の手により解体され、現在の天守閣は1965年(昭和40)に再建されたものです。鶴ケ城は寒さに強いとされる赤瓦を使用しており、2010年度に往時の姿を再現すべく葺き替え工事を行っております。

福島ドライブ 大内宿

南会津の山中にあり、全長約450mの往還の両側に、道に妻を向けた寄棟造の民家が建ち並ぶ。江戸時代には「半農半宿」の宿場であったが、現在でもその雰囲気をよく残し、田園の中の旧街道沿いに茅葺き民家の街割りが整然と並ぶ。「大内宿」である。しかしこんな山奥に人人人・・・
095
蕎麦が有名で、高遠そばの名で知られており、箸の代わりにネギを用いて蕎麦を食べる風習がある。残念ながら昼は済ませてきた。
Photo
098

2012年4月14日 (土)

真田幸村の遺言 上下

12江戸川乱歩賞受賞作家 鳥羽亮著「真田幸村の遺言 上下」を読む。
book「大助、向後の徳川との合戦はお前が引き継げ」智将・真田幸村の遺命を受け、豊臣秀頼とともに炎上する大坂城を脱出した男がいた。死んだとされていた真田大助である。その後、一族は紀州に潜み、雌伏して七〇年。脈々と継がれていた豊臣の血筋をついに紀州徳川家に入れることに成功した!その名は頼方。後の吉宗である。幸村の思いを胸に秘め、真田の暗闘が始まる。
大坂夏の陣で滅んだ豊臣秀頼と真田幸村の子孫が、徳川吉宗とその一派となって、徳川幕府を乗っ取るという奇想天外な物語である。

徳川家には本家である将軍家のほかに、尾張、紀州、水戸と三つの分家、御三家がある。将軍家に世継ぎがいない場合、将軍を継ぐ権利を有する家柄。吉宗は分家の紀州徳川家の生まれで、しかも4男。吉宗は幼い頃から体格がよく、そして早熟。11歳で女中に手をだしてしまうほどのやんちゃぶり。そんな吉宗が21歳の時、藩主の父、兄3人が4ヶ月のうちに次々に死を遂げる。こうして厄介者の4男坊が紀州の藩主になる。
また徳川六代将軍家宣が重い病に倒れた。家宣の子はわずか四歳の鍋松一人。家宣の死後、鍋松が若くして家継と名を改め7代将軍となったが、しばらくして家継が倒れてしまう。次々に将軍候補が謎の死を遂げていく。なぜ吉宗は頂点に君臨することができたのか?

これを元に、一大フィクションを作り上げた。あっぱれ!!


2012年4月 8日 (日)

三嶋大社

002
お花見を兼ねて「三嶋大社」を参拝しまいた。境内には、15種200本の桜があるそうです。
031
鳥居をくぐると参道の両脇に池があり、桜が咲き乱れています。
005
神門の奥にも「三島桜」など・・・
009
感激。
さて三嶋大社の祭神は、大山祇命と事代主命であるが、大山祇命は、大三島に鎮座し伊予国一の宮である大山祇神社の祭神。三島の社名の類似から、大三島から勧請されたという説が古くからあるらしい。事代主命は、平田篤胤の説による。神紋は、「角切りに三の字」。大山祇神社も美保神社も「三の字」であることから、どちらの神様か意見が分かれるのだろうか。元は、三嶋は、「御島」から変化したもので、富士火山帯である、伊豆七島に代表される伊豆諸島の神で噴火や造島を神格化したものだと思われる。
001
拝殿は、見事な千鳥破風をもつ入母屋造り。
019
本殿は、重厚感あふれる三間社流造・銅板葺。
025
さすが、伊豆国一ノ宮でした。これにて42の一ノ宮参拝達成です。


004


柿田川湧水群と香貫山とクレマチスの丘

045
三島・沼津の名所を周りました。まずは柿田川湧水群。環境庁「名 水百選」「二一世紀に残したい日本の自然百選」に認定されています。豊富な水量に加え、年間一五度前後の一定した水温、そのまま飲める水質。その清流域で 営まれる生態系が一つとなって豊かな自然を創りだしています。
051
水の全てが湧き水で、そこかしこから透明に澄んだ水が、川底の砂を舞あげてボコボコ、ポコポコ・・・。
046
次に向かったのは「香貫山」。標高193mの山。五重の戦没者慰霊塔と桜が美しかったです。
Photo
最後は「クレマチスの丘」。こちらでは、ヴァンジ彫刻庭園美術館・ベルナール・ビュフェ美術館を拝観。クレマチスは少し季節が早すぎでした。
056
帰りは、小田原から横浜を抜けて初めてアクアラインを通り、海ほたるに寄って帰宅しました。結構なドライブとなりあました。


058


2012年4月 7日 (土)

静神社(常陸国二宮)

001
常陸国二宮にして、延喜式神名帳の名神大社「静神社」へ参拝。この神社に参拝するために、今日は水戸の友人と静ヒルズカントリーでGOLF。ゴルフの調子は記事にもできないイカンともしがたい状態です。

さて、静神社は、主祭神は建葉槌命(たけはづちのみこと)、相殿神は手力雄命(たじからのみこと)・高皇産霊命(たかみむすびのみこと)・思兼命(おもいかねのみこと)である。建葉槌命は武神であるが又の名を名倭文神(しどりのかみ)といい日本で初めて織物を織りだされた神といわれています。
003
深い森の中の参道は静謐さを感じます。社名の「静」は、倭文(しづり、しどり)からの転訛とされている。
004
階段を上がるとまず唐門があり、その奥に拝殿<銅板葺入母屋造(平入、唐破風付)>・中門・本殿と続く。
006
神紋は「桜」のようです。女神か?
011
本殿は神明造り。やはり千木(水平)・鰹木(6つ=偶数)がはなぜが「女神」形式でした。
常陸の国風土記に「綺日女(かむはたひめ)の命」という機織りに女神が登場します。元はこの綺日女(かむはたひめ)の命が祭神だったのかもしれませんネ。

吉田神社(常陸国三宮)

続いて、常陸国三宮「吉田神社」を参拝。水戸市の南に位置しています。
014
ご祭神は「日本武尊やまとたけるのみこと」。東夷平定の帰途、常陸を過ぎて兵をこの地朝日山に留めて憩わせた故事を以って、この地に神社を創建し尊を奉祀した。尊の御休憩の場所は今日も三角山と称し境内見晴台の一角を占め、神聖な処として伝え残されています。こちらも延喜式神名帳 名神大社です。
015
参道右脇に見事な大木がありました。
021
神門をくぐると、拝殿。神紋は「三つ巴」のようです。
本殿は、きりっとした神明造りでした。
026
境内右にかなり大きな枝垂桜が見事に咲いておりました。
024


« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »