フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 蛟蝄(みづち:こうもう)神社(奥の宮) | トップページ | 黄金のロザリオ »

2012年5月 3日 (木)

阿彌神社 

今日は、ゴルフの予定でしたが、あいにくの大雨で中止に。途中まで車で向かっていたので神社参拝に変更。

式内社「阿彌神社」は、論社が二社ある。どちらも参拝してきた。まずは、阿見町竹来にある「阿彌神社」。
001
ご祭神は、健御雷之男命。もとは、普都大神=經津主命と言われている。
003
鬱蒼とした林の中に境内がある。右手に一つだけ立派な境内社があった。
神紋は「三つ巴」のようです。
008
本殿は三間社流造です。


もう一社は、阿見町阿見にある「阿彌神社」。こちらのご祭神は、豊城入彦命・経津主命。
由緒によると、崇神天皇十八年、豊城入彦命、東国 に荏み曽て此地に到り昔建御雷経津主二大武神平国の功を憶い、其の上 天地なるを偲びて慨然としていわく「皇 祖の天下を経営せらるるや、阿彌普都 実に能く天業を輔弼せり両神功成り て天に還りしは、蓋し是の地なるか」とこ れより阿彌郷と名づけ、この地に命を 祭る。とあります。
010
現在は、住宅街の一角に鎮座している。
012
参道の途中に立派な鳥居がありました。その奥に拝殿。
014
本殿は、一間社流造でした。
018

« 蛟蝄(みづち:こうもう)神社(奥の宮) | トップページ | 黄金のロザリオ »

神社(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/45117153

この記事へのトラックバック一覧です: 阿彌神社 :

« 蛟蝄(みづち:こうもう)神社(奥の宮) | トップページ | 黄金のロザリオ »