フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 今朝の庭 | トップページ | 狂王ヘロデ »

2012年5月27日 (日)

古書の来歴

Photo

ジュラルディン・ブルックス著「古書の来歴」を読む。
book500年の時を生き延びた稀代の古書“サラエボ・ハガダー”。それはなぜ造られ、どんな人々の手で守られてきたのか?鑑定をまかされたハンナがその本の中で見つけた白い毛、塩の結晶、ワインの染み、留め金の痕跡、蝶の羽が、15世紀スペイン、17世紀ヴェネチア、19世紀ウィーン、20世紀サラエボで起きた驚くべき苦難の物語を雄弁に語っていく!運命に翻弄されながらも激動の歴史に耐えた1冊の美しい稀覯本と、それにまつわる人々を描いた歴史ミステリ。翻訳ミステリー大賞受賞作。

予想していた謎解きとどんでん返しのミステリーとは全く違った。新鮮なヒストリカル・ミステリーだろうか。
一冊の古書『サラエボ・ハガダー』(ユダヤ教の祈祷書)を巡り、それに関係したさまざまな時代の、さまざま階級・社会の人々の姿を描く。あくまでも力点は、本そのものよりも本にまつわる人々が描かれている。
実在するサラエボ・ハガダーの物語として読んでください。

« 今朝の庭 | トップページ | 狂王ヘロデ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/45434268

この記事へのトラックバック一覧です: 古書の来歴:

« 今朝の庭 | トップページ | 狂王ヘロデ »